March 21, 2011

近況、地震以後の報道に思うこと等

 2月上旬に半年振りの腰痛。今度は2週間で痛みも取れ、ジョギングを再開したら風邪。長引かせて三半規管がいかれてしまった。2週間近くノンアルコールで過ごしたが、開幕とともにアルコールを復活。徐々に三半規管も落ち着きつつある中で、あの地震。激震地から遠い東京ではあるが、それでもこれまでにない揺れを感じたのであった。ちなみに「三半規管がいかれた」というのは、余震が続く中、ことある毎に揺れているような感触を持たれる方がいるようだが、私にはそんな感覚が1か月近く続いていたのである。今となっては風邪の影響なのか、地震の影響なのか分からないが、少し残っている。

Continue reading "近況、地震以後の報道に思うこと等"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2010

秋の到来とともに

 体重計に乗ったら、最高記録、65キロ強を達成してしまった。約3キロ増である。体重そのものよりも、腹だけ出てきているのが問題。コレステロールと中性脂肪が上がっていそうだ。

Continue reading "秋の到来とともに"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2010

第19回42.195kmリレーマラソン 国営昭和記念公園大会2010

 昨日は、東京マラソンを尻目に、恒例のリレーマラソンに。2キロを2回。昨年は書かなかったようだが、終了後も恒例の立川駅前、黒潮。3時過ぎから飲むここが、またいいのである。08年07年05年にも出ている。「筋金入りの暇人」といえそうだ。
 2月末又は3月第一週の行事で、様々な天候があるけれど、雨天決行とは知らなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2010

続、カンピロバクター

 うちの近くの医師のblogを発見(今回行ったところではないけれど)。2009/7/3,2009/1/14, 2008/12/5。すっかりよくなってしまったのだが、今一度検査してもらおうっと。
 全く知らなかったけれど、すごい熱が出るので怖いもの。増えているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2010

カンピロバクター食中毒

 日曜の明け方から下痢と吐き気が止まらなくなり、関節痛や38度以上の熱も出てきたので、風邪だと思い。日曜だが昼過ぎに近くのたまたま診療中の内科へ。
 風邪ではなく、カンピロバクター食中毒らしいということで、薬を処方して貰う。風邪薬を飲み続けなくてよかった。どうも金曜日に食べた「鳥わさ」あたりが原因らしい。晩にはTシャツ5枚を着替えるほど汗をかき、翌日、哀しい性だが、「会社に行ける体」になってしまった。潜伏期間のある菌とのことなので、できれば日曜に発病して欲しくなかったのである。
 生・半生の鶏肉は怖いようである。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2009

ささやかな「マイブーム」

 それは、N-05Aという老眼のおっさん向けの、文字の大きな携帯の万歩計。生まれてこの方万歩計には縁がなかったが、毎日持ち歩いてみると、普通の「会社生活」では、とりあえずの目標値の1万歩を歩けることは少ない。帰りを一駅歩いたり、散歩をしたり、エスカレーターを使わずに歩いてみたりなのである。ジョギングのときも身に着けるようになったが、さすがにハーフマラソンの日には3万歩を超えた。
 難点は、常に身に着けるようになるため、充電が疎かになること。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2009

タートルマラソン

 ハーフマラソンの完走証が来た。記録は2時間と7秒。この7秒というのが、ずっと健闘していたのにロスタイムに失点した試合のような感じで、実に悔しい。人生ってそんなものかもしれないが、やっぱり嫌だなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2009

出る幕ではないが…

 ずいぶん前に草サッカーで骨折した人間程度の出る幕ではないのだが、「再びサッカーができる喜び」を感じられるときが必ず来る。それだけを信じて欲しいと思うだけである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2009

第38回タートルマラソン全国大会

 昨年に続き、タートルマラソン全国大会に出た。昨年の倍の16,000人が走るとかで、北千住の駅から会場までも、スタートラインも大渋滞。最初の10キロぐらいはまともに走れないのであった。来年以降はこのままだと危ないかもしれない。会場付近を一時車両通行止めにすることも含め。
 暑かったので約2.5キロ毎の給水は全て取った。おそらく昨年よりタイムは落ちているが、この暑さなら、いい言い訳になる。
 約21.1キロというのをイメージして、約10.5キロの折り返し点では、「あと半分、大丈夫だ。」と思っていたのだが、15キロを超えると、「あと6キロか、あと5キロなら走れるのに。」というように、目標よりも少し下に限界があるかのように思えてくるのである。それが凡人の常なので、プロは凡人ではないけれど、ロスタイムに点が入り易いのも、相手がギャンブルに出るということもあるが、一つにはこんなこともあるのではないかと思うのである。完走して思うのは水が飲みたい、トイレに行きたい、腹が減ったというような原始的な欲求。次に思うのは、フルマラソンだけはやめておこうということ。
 北千住で食事をしたのだが、この人数は捌けないのか、どこへ行っても満員。もっと屋台とかあってもいいような気もするが、湿布薬の屋台があれば、きっと大盛況になるであろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2009

ジェネリック

 カゼが今ひとつ抜けていかないので、医院に行って薬。レボフロキサシン(科研。クラビットのジェネリック)とムコダインアスベリン。知財の人間がジェネリックなんてというのは、必ずしも正しくないだろう。存続期間が満了したら「開放」というのも知財の大原則なのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)