February 04, 2010

著作権法の目指すべき方向が見えてきた

 2冊を連続して読了。著作権法は、もはや文化法ではなく経済法であるべきと思わされる(1)と、今後著作権法がどちらへ行くべきかを確信させる(2)。いずれも素晴らしい。
 実は映画を見なくなって久しいのだが、(1)を読んでいると、音楽については特に納得させられる。また、表現の自由や、批評等を通じて、文化がより豊かになって行くということが理解できるのである。
 (2)との関連でいうと、かつて、とある地域の組合まわりから、擬似著作権をふっかけられたことがあった。「モノのパブリシティが認められてないことは、最高裁の判例だ!」と判決文を叩きつけてやりたかったが、その地域の某社の売り上げがばったり落ちたら不味いので、がまんしてのらりくらりとやったことがある。今度そんな目に合いそうになったら、この本を叩きつけてやるか? 「720円+税」で済むのであれば…
 「帯や編集者の思惑とはちょっと違う中身が嬉しい」と、ちょっと危険なことを言ってみる。

(1)コンテンツ産業論―文化創造の経済・法・マネジメント (河島伸子 2009 ミネルヴァ書房)

(2)著作権の世紀―変わる「情報の独占制度」 (集英社新書 527A) (福井健策 2010)

Continue reading "著作権法の目指すべき方向が見えてきた"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2009

特別展 インカ帝国のルーツ 黄金の都 シカン

 行ってきた。
 説明に工夫が凝らされていて楽しめた。
それにしても、考古学者というのは、ベンチャーの社長みたいな大変さだと思った。スポンサーを探し、発掘の計画を立て(気候の影響で遅れることもあるそうだ)、発掘する人々を管理をし、メディア対策、その他、様々な業務というのは、学者一辺倒の人間には勤まらないものだと思う。
 2000年にエクアドル南部からペルー北部を旅したが、このときはシカンはまだ知られていなかったと思う。私が行ったのはブルーニン博物館(シカンではなくシパン遺跡のものだった)やチャンチャン遺跡等だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2006

世界遺産ナスカ展 国立科学博物館

 「世界遺産ナスカ展」にようやく行ってきた。「実物」のナスカには95年8月に行ったのだが、その直後、撮影した写真はおろか、日記帳まで盗まれてしまったので、過去の個人的なことを想いだすことも目的だった。
 特に国内では博物館・美術館にはあまり縁がないのだが、雨の日曜の朝なのに約1時間待ち。中も混んでいて、休日に行くもんじゃないなと思ったのだった。
 さて、ナスカの映像その他でセスナに乗ったときの記憶も少し想い出したし、ミイラ・土器・布なども人だかりがすごかったけれどよかったし、見ていた人も皆そう思っていただろう。豊富な所蔵物についてはリマの国立人類学考古学博物館(その1,その2。最近では館名に「歴史学」もついた?)のが多いのは納得だが、イカ(Ica)のアドルフォ・ジェンキス・イカ地方博物館は日本では無名だと思う。ここにもなかなか豊富な所蔵物があること、98年から近くのパルパで発掘が始まったことなど、ナスカ付近を再訪してもいいような気にもなってきた。でも、「少年老い易く学成り難し」ということもあって、歳だけはどんどん取って行くのだが、なかなか学んで身に付くことが少ない中、行きたいところが多い割に行くチャンスは少ないのかもしれない。ううむ。
 なお、東京では6月18日までだが、その後、鹿児島・静岡・大分と、来年2月まで行われる模様(記念出版物による)なので、慌ててアドルフォ・ジェンキス・イカ地方博物館に行っても、「もぬけの殻」なのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 16, 2006

芝居。その他

 15日、俳優座劇場で「サムワン」という芝居を見た。芝居を生で見るのは初めてかもしれない。全体のストーリーやメッセージの話は抜きにして、局面局面での個別の表情・感情表現というのは、実に面白いものだと思った。途中から、どんなエンディングになるのか予想がつかなかったが、実際に見てみると「なるほど」という感じ。これを機に芝居に「はまる」ことはないと思うが、またチャンスがあったら見てもいいかもしれない。
 ちなみに、先週は久しぶりの土曜出勤なんてものがあったので、心の疲れが取れないうちに今週に入ってしまったが、この芝居と久しぶりのジョギング(ようやく体調が戻ってきた。今年も走ります)で、気分転換だけはできた。
 ところで、一つ前の記事との関係で言うと、え? 新外国人じゃないの? 良し悪しじゃなくて、「心の準備」ができてません。まあ、あまりマスコミに踊らされず、チームを信じてどっしりと待ちたいところだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2005

2005年5月21日(土)~5月31日(火)

田島征哉 展 ~なつかしい響き~
 11時~19時(最終日17時終了)月曜日定休日

  ギャラリー・スペースことのは

 かつてお世話になった人が個展をやっているので、勝手にリンクした。ぜひ行きたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)