May 31, 2012

広州 1-0 東京(5月30日) に思う

 確かに相手が上だったかもしれない。
 少なくとも相手にカネがあるのは確か。
 これは今後の日中関係を暗示しているのかも。人口規模だけでも全く違う。
東京は日本のビッグクラブを目指さなければならず、地方都市のチームに対しては選手層を誇らないといけないだろう。でも、中国のビッグクラブを相手にすると、プロビンチアなのかもしれない。
 もっとも、中国は社会主義の負の遺産を抱えているから、日本のような規律を持つことは当面は難しく、そこに日本のチャンスがあるのはサッカーだけではないだろう。

 ところで、米国がTPPに力を入れているのは、実は農業問題や自由貿易ではないのだという内容のTPP 知財戦争の始まりという書籍が。米国に数兆円単位の損害と莫大な雇用の減少をもたらしている最大の「ガン」は、中国の知的財産権侵害であり、WTOが機能しない今、「中国包囲網」の新たな枠組み作りをしようとしているのだという。

Continue reading "広州 1-0 東京(5月30日) に思う"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2011

競争と公平感―市場経済の本当のメリット (中公新書) 大竹 文雄 (著)

競争と公平感―市場経済の本当のメリット (中公新書)

 正直、中盤以降中弛みしているように思うが、最初の、日本人が「市場競争嫌いだ」ということに、ショックと危機感を覚えた。ここにも同様のことが書いてあるが、これは大変なことではないかと思うのである。

Continue reading "競争と公平感―市場経済の本当のメリット (中公新書) 大竹 文雄 (著) "

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2011

日本 1-0 北朝鮮 始まった(9月2日)

 柏木と李が噛み合わず、なかなか得点が取れなかったが、終了間際の吉田の得点で何とか勝ち点3。
 内容的には圧倒していたが、それでも1点食らって負けることがあるのがサッカーだ。まして長期のワールドカップ予選。初戦だから最悪引き分けでもいいと思っていたが、仮に引き分けていたら、世のネトウヨさんたちは代表を国賊呼ばわりし、李を非国民呼ばわりしたのだろうか? せっかく北朝鮮に勝ったのに、今日のデイリースポーツは一面が阪神だ。これも「フジ以下」なのではないだろうか? と、アホな挑発はしないほうがいいだろう。ことはスポーツなのだから。

Continue reading "日本 1-0 北朝鮮 始まった(9月2日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2011

デーブ・スペクター氏の商標

 ツイッターでの活躍が目立つデーブ・スペクター氏。以下の商品・役務(サービス)に関する商標の出願で、本人出願(代理人なし)。
 第9類 業務用テレビゲーム機,家庭用テレビゲームおもちゃ,携帯用液晶画面ゲームおもちゃ用のプログラムを記憶させた電子回路及びCD-ROM,映写フィルム,スライドフィルム,インターネットを利用して受信し、及び保存することができる画像ファイル,録画済みビデオディスク及びビデオテープ,電子出版物
 第16類 活字,紙製のぼり,紙製旗,紙類,文房具類,印刷物,書画,写真
 第35類 広告,商品の販売に関する情報の提供
 第38類 電気通信(放送を除く。),放送,報道をする者に対するニュースの供給

Continue reading "デーブ・スペクター氏の商標"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2010

私的中国論

 中国が一党独裁をやめて、民主化したら…

Continue reading "私的中国論"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 30, 2010

2010ワールトカップ雑感その4

 僅差だと思っていたが、0-0で差がないというというのは納得だ。いかにもパラグアイ戦らしい。
 まずは、サッカーという「シンプルなルールだからこそ世界標準」という状況で、「ガラパゴス」と言われる(エクアドルに失礼だが)日本が、「それなりに準備すればそれなりにやれる」ことを見せることができたのは、産業界を元気にする効果のあることだと確信。小国と違い、様々なスポーツの選択肢がある日本ということも、考慮すべきだろう。

Continue reading "2010ワールトカップ雑感その4"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2010

ワールドカップ2010雑感その2 いい頭の体操だ

 残念ながらオランダには0-1で負けてしまったが、カメルーンに2-1で逆転勝ちしたデンマークは、初戦を0-2で負けているため、次は引き分けでも決勝トーナメント進出。結果的には0-1で終われたことは大きい(私もけんと編集長宅で見てました)。
 この勝ち点、得失点差等の計算は、実にいい頭の体操になる。我々が子供のときにやっていた算数は、常に答えが一つだったけれど、現実の社会ではそうではない場合があるということだろう。この勝敗の順列組み合わせや、ここでリスクを犯して攻撃に出るべきかというようなことをシミュレーションすることによって、子供たちの算数の能力は格段に上がるのではないかと思う。世の先生方も、そういう試験問題を作ったらいかがかと思うのである。

Continue reading "ワールドカップ2010雑感その2 いい頭の体操だ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2010

クジラ・イルカ・黒マグロ

 15年ぐらい前にとある米国人から聞いた話だと、養殖(家畜化)できないから問題にしているのだということだった。ということは、これらの生物の養殖が可能であれば、牛豚と同じことなのだということになる。本当なのだろうか?

Continue reading "クジラ・イルカ・黒マグロ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2010

著作権法の目指すべき方向が見えてきた

 2冊を連続して読了。著作権法は、もはや文化法ではなく経済法であるべきと思わされる(1)と、今後著作権法がどちらへ行くべきかを確信させる(2)。いずれも素晴らしい。
 実は映画を見なくなって久しいのだが、(1)を読んでいると、音楽については特に納得させられる。また、表現の自由や、批評等を通じて、文化がより豊かになって行くということが理解できるのである。
 (2)との関連でいうと、かつて、とある地域の組合まわりから、擬似著作権をふっかけられたことがあった。「モノのパブリシティが認められてないことは、最高裁の判例だ!」と判決文を叩きつけてやりたかったが、その地域の某社の売り上げがばったり落ちたら不味いので、がまんしてのらりくらりとやったことがある。今度そんな目に合いそうになったら、この本を叩きつけてやるか? 「720円+税」で済むのであれば…
 「帯や編集者の思惑とはちょっと違う中身が嬉しい」と、ちょっと危険なことを言ってみる。

(1)コンテンツ産業論―文化創造の経済・法・マネジメント (河島伸子 2009 ミネルヴァ書房)

(2)著作権の世紀―変わる「情報の独占制度」 (集英社新書 527A) (福井健策 2010)

Continue reading "著作権法の目指すべき方向が見えてきた"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2010

企業におけるネット出願への移行は「闘い」である

 まだ書くのは早いのだが、ようやく法務局に電子証明書を申請する手前のところまでたどり着いた。それを出してその返信が問題なく来れば、あとは誰にも邪魔されずに機械の上で作業するだけなのである。

Continue reading "企業におけるネット出願への移行は「闘い」である"

| | Comments (0) | TrackBack (0)