August 13, 2012

柏 1-1 東京 テレビ観戦(8月12日)

 ホームの試合は観戦記さえ書かなかった内容だったし、チケットが取れなかったので某所でテレビ観戦。エジミウソンと梶山が先発で、前半は前に起点ができてPKで先制したが、後半、この二人の運動量が落ちたためか、前からプレスがかからず失点。運動量のために谷澤を投入したが、加賀が2枚目のイエローで退場。あとは守り一辺倒に。

Continue reading "柏 1-1 東京 テレビ観戦(8月12日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2011

吉田戦車「逃避めし」

逃避めし

 書籍になってから買ったが、元のここを現在進行形で見たかったものだ。

Continue reading "吉田戦車「逃避めし」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2011

恥ずかしい店に行ってしまった

 入り口に而今や飛露喜のボトルがあるのに、黒龍も含めて品切れで、つくねを頼んだら、調理場で「ヤバイよ。柔らかい」とか言っている。

Continue reading "恥ずかしい店に行ってしまった"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2010

吉川 敏明「ホントは知らない イタリア料理の常識・非常識」

 元「カピトリーノ」の吉川敏明シェフの「ホントは知らない イタリア料理の常識・非常識」は買い。森優子さんのイラストもパンチが効いている。イタメシで口説こうと考える貴兄はぜひご一読を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2010

クジラ・イルカ・黒マグロ

 15年ぐらい前にとある米国人から聞いた話だと、養殖(家畜化)できないから問題にしているのだということだった。ということは、これらの生物の養殖が可能であれば、牛豚と同じことなのだということになる。本当なのだろうか?

Continue reading "クジラ・イルカ・黒マグロ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2009

「食の安全」裏側の話

食の安全 裏側の話―元生協仕入れ担当者が明かすつくり手の事情・消費者の言い分

 元生協の商品開発担当者が書いた本。一生懸命いいものを採算ベースに乗るように努力してきた人によるもので、これは良書だと思う。不安を煽ればカネになるのだが、科学的かつまともな記事は儲からない。でも、Amazonでは売り切れとかで、書店で買った。
 ちなみに著者は、最近毎日新聞の記者どもに対して憤っている模様(その1,その2)。確かにこういう記者どもは「ゆすり、たかり」と変わらない。「経営不振だからってユスリまで始めたのか。」とのこと。
 でも、こんな社員(やっぱり「朝ズバ」だ! 厳罰を望む!)もいるTBSが赤字に転落したように、最近はクズ報道に対して「いい加減にしろ」という自浄力も少しは働くようになっていて、そう思う人たちを中心に、小規模ながらもこういう本が売れるようになってきているのかもしれないと、希望的に観測するのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2009

幡ヶ谷ダルビッシュ

 幡ヶ谷駅北口すぐ、匂いで分かる、イラン人が経営する人気のインドカレー店。
 インドチャーハンは掘り出し物。ラムとホウレンソウのを注文。「美味い」と言って食べていたら、向こうの人が同じものを頼み、思わず顔なじみの店員とニヤリ。サクラになった気分。
 東京は世界各国の美味いものが食えるという点では、世界一ではないかと思うのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2009

「食糧危機」をあおってはいけない

 川島博之(09)「食糧危機」をあおってはいけない (Bunshun Paperbacks) 文芸春秋 は名著だと思う。
 普通のマスメディアだったら取上げない「真実を描いた新刊」と評価されればいい。
 本書、誰がプロデュースしたのかはわからないが、編集の人の、「いいものが何とか売れる体制を作る」ための頑張りも特筆物ではないか。本書の言うことが100%正しいかどうかは分からないけれど、主張に関する根拠が必ず示されており、少なくとも危機を煽って稼ぐ奴よりは、かなりまともなはずだ。
 以下、真っ当ではないかと思うところでの紹介。
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/e0cb0968c8492cad4abf0e6f5167a532

http://www.kenji.ne.jp/blog/index.php?itemid=544

http://www.bunshun.co.jp/yonda/syokuryokiki/index.htm

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2008

商標「ひつまぶし」、登録拒絶(審決)…飲食物の提供

 という名古屋の料理のテーマは、ひそかに愛読しているここの出番だと思うが、べんとう等(持ち帰り)については、商標「ひつまぶし」は登録されている(第1996631号)ものの、飲食物の提供(料亭の名前等。イートイン)については、商標として機能しないという登録拒絶の査定が次の段階の審決でも維持。(2006-25186。2008/8/29発行の審決公報。詳しくは、 http://www.ipdl.inpit.go.jp/Shinpan/shinpan.htm の審決公報に2006-25186を入力)

*************

 そうすると、「ひつまぶし」の文字からなる本願商標をその指定役務について使用した場合、これに接する取引者、需要者は、該役務が鰻を細かく刻んでご飯にまぶした料理の提供であると理解するにとどまり、該役務の質、役務の用に供する物を表示したものと認識し、自他役務の識別標識としての機能を有しないものといわざるを得ない。

*************

 要するにメニュー名として認識され、店のブランドとは認識されないという感じ。使用によって商標としての機能を獲得したことも認めず、現時点での需要者の認識を重視。裁判所に訴えられないように、行政がかなりきめ細かく証拠を集めて判断していると思う。

 という私は本件の蓬莱軒には行ったことがなく、ライバル(?)の「いば昇」に一度行ったことがあるだけ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 03, 2008

42.195kmリレーマラソン 第17回国営昭和記念公園大会

14,16回に引き続きこの大会に出てきた。15回目は開幕戦が日曜だったので欠場した模様である。個人的には昨年よりもタイムが悪かったけれど、たまには会社の仲間(初対面もいるが)とチームプレーをするのも悪くはない。黄砂はすごかった。
 帰りに寄る立川駅前の黒潮が、実に安くて田舎っぽくて素晴らしいのである。走って減らし分は全て取り戻してしまうのだけれど…

| | Comments (0) | TrackBack (0)