« 東京 0-0 鳥栖 哀しい結末と今後 | Main | 東京 3-3 鳥栖 エイプリールフールの最後に(4月1日) »

April 03, 2016

東京 3-2 名古屋 (4月2日) 突然再開してみた

 Twitterに書くとしつこくなりそうなことを、少しここに書こうかと思った。でも、続かないかもしれない。

 まず、キックオフ直前に着いて主審が誰だか知らずに見たのは少し損した気分。昨年のあの開幕ガンバ戦の岡部さんだったのか? 選手の信頼を得られず、コントロールできなかったみたいだ。
 先取点を取られたのは、何だかよく分からなかったが、シュートのコースが変わっていて、寄せが遅かったのか?
 森重。PK奪取は相手を掴んで倒れたようにも見えなくもなく、主審が主審ということで、ひょっとすると「非常手段」を使ってしまったのかも。決勝点のヘッドは見事だったが、退場のシーンは、ちょっと慌てたか。
 小川。何度も滑っていて、2失点目のきっかけを作った。キックもいまひとつだったが、決勝点はピタリと合った。
 ハ・デソン。ゲームメーカー、こんなタイプは誰以来か?
 平山。涙出た。3点目もあわやと思った。少しずつだ(代表の最後の切り札であることを、誰が予感できただろうか? なんちゃって。)
 橋本。いいシュート、パスも出していたが、2点目の後を締めたかった。
 高橋。森重退場直後、タッチラインで前向きにアップする姿を見て、この試合は何とかなると信じた。

|

« 東京 0-0 鳥栖 哀しい結末と今後 | Main | 東京 3-3 鳥栖 エイプリールフールの最後に(4月1日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/63434785

Listed below are links to weblogs that reference 東京 3-2 名古屋 (4月2日) 突然再開してみた:

« 東京 0-0 鳥栖 哀しい結末と今後 | Main | 東京 3-3 鳥栖 エイプリールフールの最後に(4月1日) »