« July 2015 | Main | September 2015 »

August 30, 2015

清水 1-1 東京 平山復活(8月29日)

 所要があり、岡山を3時前にのぞみで出発、新神戸でひかりに乗り換えて静岡、5時30分着。4分後の各駅に乗り換えて清水に5時45分。バスで競技場についたのは6時10分ほど。わずかな遅刻。日本の鉄道システムの正確さには感謝しなければならないだろう。ただ、2階席は満員で、立ち見を余儀なくされる。確か2009年以来の清水だけれど、来年は行けない可能性もあるので、ここは無理してでも行っておこうと計算・計画はしたつもり。
 前半はバーンズが突破しては取られ、突破しては取られの連続。守備に負担をかけそうになる。後半開始直後もオフサイドだったが、これを外すかというヘッドを枠の外へ。あれだけチャンスを潰されると、守備陣にも悪影響があるのかもしれない。その直後、右サイドをウタカに突破され、クロスに榎本が反応するも、寄せられた守備陣の関係で、ボールがこぼれたチョンテセのところには守備者がおらずフリー。左足で決められる。ただ、その後もしばらくは清水のペースとなるが、追加点は許さなかったのは大きかった。

Continue reading "清水 1-1 東京 平山復活(8月29日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2015

東京 2-1 G大阪 相性の不思議(8月16日)

 飛田給についたら大雨。キックオフまで止みそうもないのでタオルマフラー被って行く。駅前で「車両通ります。」というのがいるので、「人通ります。」と言って道を渡る。クルマと人、しかも雨の中でどっちを優先すべきなのか、少しは頭使えと思う。

 東京は東がメンバー落ちで河野がスタメン、中島がサブに入った以外は前節と同じ。右が松田で左が徳永。相手がガンバということで不安を感じたが、呆気なく先制した。羽生が前のスペースに出したボールにネイサンが食いつき、クロスを上げると、そこに詰めていたのは米本。前田が治療のために外に出ている中の先制。これで流れを引き寄せたが、その後、河野がインターセプトして前田に預け、もう一度貰ってループ気味にシュートするが、バーに当たってしまった。これが決まれば楽だったかもしれない。
 この日は雨のためなのか、4-3-3の弱点を突かれなかった。河野の早い戻りが聞いていたのかもしれないが、不思議だ。相性なのだろうか?
 後半の立ち上がり、徳永に代えて吉本を入れ、丸山を左に。しかし逆サイドからのボールにつききれず、ダイレクトで中に返され、パトリックに決められてしまった。同点。その後両者ともチャンスを作るが、パトリックが決定機を外して一息つく。東京はへとへとの河野を三田に交代して4-4-2とする。

Continue reading "東京 2-1 G大阪 相性の不思議(8月16日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2015

甲府 0-1 東京 下位からしっかり勝ち点3(8月12日)

 甲府のアウェイはしばらく勝っていないこと、甲府の残留力、中断期間にほとんど一緒に練習的無かったこと、権田・太田の欠場等、ネガティブな状況の中、勝ち点3をしっかり取ることができた。

 甲府の内容がよくなかったかもしれない。バレーが孤立していたからだ、これは松田の起用で、相手のウイングが帰陣せざるを得なくなり、松田に呼応して徳永も積極的に前に出たこと、米本・高橋がサイドバックをよく使ったことがあったかもしれない。
 と難しいことを言わなくても、東がサイドの4-4-2で、4-3-3でなければ普通に勝てるだけなのかもしれない。
 前半は一度だけバレーが突進することがあったが、森重・丸山が挟み込むような形で奪った。ただ、チャンスもあまり多くはなかった。ゴール裏にいたので守備側だけしかよく見えていないこともある。久しぶりにパス回しが多く、J2の2011年の試合みたいだった。あのときは、前半0-0でも後半相手の足が止まり、3点ぐらい取ることが多かった。甲府には失礼かもしれないが、下位相手。ちょっとだけ、そんな期待もした。
 後半は、前田がリードするシーンも増えたが、ネイサンがいまひとつ。でも、羽生のシュートのこぼれを高橋が決めて先制。美しいシュートで、あんなことができるのは前田しかいないと思ったが違った。

Continue reading "甲府 0-1 東京 下位からしっかり勝ち点3(8月12日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2015 | Main | September 2015 »