« 東京 3-1 仙台 欲をいえば(7月29日) | Main | 東京 2-1 G大阪 相性の不思議(8月16日) »

August 13, 2015

甲府 0-1 東京 下位からしっかり勝ち点3(8月12日)

 甲府のアウェイはしばらく勝っていないこと、甲府の残留力、中断期間にほとんど一緒に練習的無かったこと、権田・太田の欠場等、ネガティブな状況の中、勝ち点3をしっかり取ることができた。

 甲府の内容がよくなかったかもしれない。バレーが孤立していたからだ、これは松田の起用で、相手のウイングが帰陣せざるを得なくなり、松田に呼応して徳永も積極的に前に出たこと、米本・高橋がサイドバックをよく使ったことがあったかもしれない。
 と難しいことを言わなくても、東がサイドの4-4-2で、4-3-3でなければ普通に勝てるだけなのかもしれない。
 前半は一度だけバレーが突進することがあったが、森重・丸山が挟み込むような形で奪った。ただ、チャンスもあまり多くはなかった。ゴール裏にいたので守備側だけしかよく見えていないこともある。久しぶりにパス回しが多く、J2の2011年の試合みたいだった。あのときは、前半0-0でも後半相手の足が止まり、3点ぐらい取ることが多かった。甲府には失礼かもしれないが、下位相手。ちょっとだけ、そんな期待もした。
 後半は、前田がリードするシーンも増えたが、ネイサンがいまひとつ。でも、羽生のシュートのこぼれを高橋が決めて先制。美しいシュートで、あんなことができるのは前田しかいないと思ったが違った。

 その後ネイサンを河野、東を橋本、羽生を三田というのは想定通りだったのだろう。追加点が取れればサンダサが見られたかもしれない。

 終盤に一度東京の右サイドが突破され、決定的な場面を作られたが、榎本が見事なセーブ。これが甲府の唯一の決定機であり、値千金だった。シュートは東京12に対して甲府は3。確率論的には圧勝だが、この一度を決められて引き分けとなったら目も当てられなかった。
 ということで勝利したが、次は上位のガンバ。ホームではあるが、難しい相手だ。

|

« 東京 3-1 仙台 欲をいえば(7月29日) | Main | 東京 2-1 G大阪 相性の不思議(8月16日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/62075784

Listed below are links to weblogs that reference 甲府 0-1 東京 下位からしっかり勝ち点3(8月12日):

« 東京 3-1 仙台 欲をいえば(7月29日) | Main | 東京 2-1 G大阪 相性の不思議(8月16日) »