« April 2015 | Main | June 2015 »

May 31, 2015

東京 0-1 鹿島 東京 2-1 甲府(ナビスコ) 東京 2-1 柏

 最近書けなくなってきたが、思い出したことを。鹿島戦は、前半、中盤の薄いシステムでこぼれ玉を拾われて失点し、追いつけなかった。4-3-3で中盤を支配して(訂正:支配されて)前半に失点するのがパターンとなっているのに、なぜ20世紀の勝てないイタリアサッカーを続けるのか不明。その後、浦和にも同様のサッカーでスタートし、惨敗。鹿島と浦和にだけは負けてはいけないのに、何度同じことを繰り返すのであろうか?
 甲府戦は松田の先発。けっこう右からもいいクロスが上がる攻撃になったと思っていたが、右から森重が絶妙のクロスを、大外でフリーとなっていた武藤に。ボレーで決めて先制。後半も追加点は取れないものの、危なげないと思ってトイレに行っていたら、「戦え、俺の東京」が聞こえ、右サイドを破られて失点していたことが分かった。このまま引き分けかと思ったら、太田のクロスを、相手のヘッド(林だったらオフサイドだと思う)で折り返す形を武藤が決めて勝ち越し。これも悪い内容。

 名古屋戦はテレビ。悪くないけれど武藤は疲労。決めきれずに森重のオウンゴールで敗戦。広島戦はテレビも見ていないけれど、高橋のミスから失点したが、終了間際、右サイドから交代の河野のヒールを三田が中に送り、林がニアで合わせてゴール天井に決めて起死回生(ということでいいのだろうか?)。

Continue reading "東京 0-1 鹿島 東京 2-1 甲府(ナビスコ) 東京 2-1 柏"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2015

東京 2-1 川崎 なぜ勝てたのかを考えてみる(5月2日)

 満員だったけれど、ひどい前半だった。武藤のファウルに対するフリーキックは、がら空きのファーサイドで大久保に合わされ、あっさり失点し、カズダンスまでされる。その後も似たようなフリーキック2本を同じようにファーに蹴られる。太田の裏は狙われていて、昨年はトゥーリオにやられたし、新潟戦でも危なかったが、同じ過ちを繰り返していた。

 しかもセンターサークルよりややペナルティアークに近いあたりでボールを持たれたり、二列目からペナルティエリアへの侵入もされ、かなり危険だった。
 いっぽう攻撃陣は全く不発。特に羽生がボールを失うことが多く、体力の限界を感じた。これはひどいというのが前半の感想。

Continue reading "東京 2-1 川崎 なぜ勝てたのかを考えてみる(5月2日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2015 | Main | June 2015 »