« 山形 0-1 東京 新潟戦後のメモ(4月25日) | Main | 東京 0-1 鹿島 東京 2-1 甲府(ナビスコ) 東京 2-1 柏 »

May 03, 2015

東京 2-1 川崎 なぜ勝てたのかを考えてみる(5月2日)

 満員だったけれど、ひどい前半だった。武藤のファウルに対するフリーキックは、がら空きのファーサイドで大久保に合わされ、あっさり失点し、カズダンスまでされる。その後も似たようなフリーキック2本を同じようにファーに蹴られる。太田の裏は狙われていて、昨年はトゥーリオにやられたし、新潟戦でも危なかったが、同じ過ちを繰り返していた。

 しかもセンターサークルよりややペナルティアークに近いあたりでボールを持たれたり、二列目からペナルティエリアへの侵入もされ、かなり危険だった。
 いっぽう攻撃陣は全く不発。特に羽生がボールを失うことが多く、体力の限界を感じた。これはひどいというのが前半の感想。

 ハーフタイムに河野を東に交代。いきなり痛んでまずいと思ったが、それほど悪くはなかったようだ。どうしたことか、攻撃が活発化してきた。まずは林を前田に交代。そんな中、車屋が突破の武藤を倒して2枚目のイエローカードで退場。これが効いた。ここから後は川崎は、たまにレナトが単独突破を試みる程度で守勢いっぽう。

 まずは太田のフリーキック。逆をついたということで、GKは反応できず同点。ただ、ここは最悪引き分けでもいいから、無理はしないこと、こちらも退場者を出さないことだと思っていたが、羽生を三田に交代して更に攻勢に。そして、コーナーキック。太田のキックにニアで合わせたのは武藤だった。逆転でスタジアムは沸騰。そのまま逃げ切った。
 後半攻勢も、なかなか決められない中、相手車屋の退場がキーとなった。ということは、前半彼からイエローを取った徳永の突破というのが、意外に貴重なのだったのかもしれない。これから中上位との対決が続くので、これまでのように無失点の試合が続くとは思えない。攻撃は活性化されていないし、セットプレーの守備も見直しが必要だ。あとは武藤と組むFW。現状では前田しかないと思うのだが・・・
追記
キックオフ直後は左サイド、太田・米本あたりが日なたで、これはキツいと思ったのだが、後半は全体が日陰になった。実はこれでバテたのは、東京の左サイドではなく、対面の川崎の右サイドだったのかもしれない。また、川崎は相対的に運動量が少なく、後半に足が止まる傾向があるようだ。前半、川崎が支配していたので、東京の足が止まるのではないかと思っていたが、そうではなかったようだ。

|

« 山形 0-1 東京 新潟戦後のメモ(4月25日) | Main | 東京 0-1 鹿島 東京 2-1 甲府(ナビスコ) 東京 2-1 柏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/61531712

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-1 川崎 なぜ勝てたのかを考えてみる(5月2日):

« 山形 0-1 東京 新潟戦後のメモ(4月25日) | Main | 東京 0-1 鹿島 東京 2-1 甲府(ナビスコ) 東京 2-1 柏 »