« 東京 1-0 甲府 期待と心配(4月4日) | Main | 東京 2-0 鳥栖 収穫もあったかな? »

April 19, 2015

湘南 0-1 東京 東京 1-2 広島 メモ

 湘南戦は、前半はリスクを負わずというか攻めきれず、後半のチャンスを武藤が決め、相手にほぼチャンスを作らせずに勝利というところか。

 広島戦は、梶山から石川へのボールを石川がミスしたが、相手DF二人に当たったボールが武藤にこぼれ、うまく又抜きで先制。ところが、その後守備がはまらず、あえなく失点。その後もピンチが多く、故障の米本を羽生に代えるが守備ラインがどんどん下がり、佐藤寿人に代わった浅野に決められ、前田を投入するも敗戦。

 相手が3-4-2-1、ときに3-2-4-1のところ、最初は4-3-3でサイドのマークが難しくなり、まずは4-4-2、河野を右サイド、梶山を中に寄せ、それでよかったと思うのだが、その後高橋を引かせて3バックにしてからおかしくなった。3バックというより5-3-2で、中盤が守備に追われ、後ろに人が余って中盤も攻撃に行けない。そして2点目は最終ラインには守備の人数がいたけれどもやられた。いずれも梶山のミスパスからの失点だが、中盤の人数が少ないことが要因。「作戦負け」だと思うが、厳しいけれど高橋あたりが個人で修正すべきだったとも思う。東や前田を入れたときなんか、5-4-1気味で、中盤は少し増えたけれども数的不利がカバーできなかった。

 やはり中上位には簡単には勝てない。前田をもう少し使って慣れさせるか、センターラインの補強かだろう。ナビスコでサブ陣の奮起を期待。

|

« 東京 1-0 甲府 期待と心配(4月4日) | Main | 東京 2-0 鳥栖 収穫もあったかな? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/61461119

Listed below are links to weblogs that reference 湘南 0-1 東京 東京 1-2 広島 メモ:

« 東京 1-0 甲府 期待と心配(4月4日) | Main | 東京 2-0 鳥栖 収穫もあったかな? »