« 2015東京 | Main | 東京2-1新潟(ナビスコ;3月18日)、松本1-1(ナビスコ;3月28日) メモ »

March 15, 2015

G大阪 2-2 東京(3月7日); 東京 0-0 横浜FM(3月14日) 今年はどうなのか?

 ゴールライン裏からのクロスを、ヘッドで決められたというアイスホッケーまがいの失点と、梶山のケアレスミスからのPKの失点を。前田や東の好プレー+武藤の個人技で追いついたガンバ戦。熱き林の投入で、あとは行くしかないという意思統一が、負け試合を引き分けにした。

 いっぽう、シュート2本、相手の絶好機を権田が押さえた0-0の引き分け。せっかくの3万人と代表監督にアピールすることもできなかったホーム開幕戦。
 ことしはどうなんだろう。

 ひとつには2試合とも先発・サブが同じメンバーで、退出は順番は違うものの太田・河野・羽生というのも同じ。交代出場選手が丸山・林・東から東・高橋・丸山に代わっただけ。2年目の監督にあるべからざるところだと思うが、今後、競争激化が不可欠。ナビスコをうまく使って三田・松田あたりが、羽生・徳永を押しのけていかないと厳しい。東と河野も調子のよいほうを出すべきだろう。前田は前線のキープや守備面でも、しっかりチームに貢献しているから、あとはシュートを撃つだけ。梶山がアンカーとして奮闘している。ただ、ダブルボランチに移行していくほうがいいような気がするし、できればその片割れは米本で、高橋と3人のうち2人なのではないか。カニーニはときどき致命傷に近いポカがあり、試合カンの問題かもしれないが、DFラインを上げられない一因かも。吉本、丸山や奈良でもいいのでは? 太田は無理せずしばらくは丸山(小川がいければもっといいが)で、ある程度いけそう。守備は大丈夫そうだから、右に攻撃の松田を入れたいところだが、監督がそこまでやれるかどうか。あとは平山の復帰とビッグネーム1名ぐらいが欲しいところだ。今度の水曜日のメンバーが楽しみだが、何らかの成果が出ないと困る。あと、他の「若者」は後半戦かも。

 マリノス新人のアデミウソンは、うまくてクレバー。今後大活躍しそうだ。

|

« 2015東京 | Main | 東京2-1新潟(ナビスコ;3月18日)、松本1-1(ナビスコ;3月28日) メモ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/61284936

Listed below are links to weblogs that reference G大阪 2-2 東京(3月7日); 東京 0-0 横浜FM(3月14日) 今年はどうなのか?:

« 2015東京 | Main | 東京2-1新潟(ナビスコ;3月18日)、松本1-1(ナビスコ;3月28日) メモ »