« 甲府 0-0 東京 来年が思いやられるスコアレス(11月29日) | Main | 2015東京 »

December 14, 2014

東京 1-1 横浜M 不安な終わり方(12月6日)

 もやもやとしたまま1年が終わった。システム的には4-4-2で、高橋・梶山のダブルボランチだった。それだったら、高橋・米本にして、もっと攻撃的なメンバーをサイドに配する形をもっと使ってもいいのではないかと思った。よくないと思う中、逆にセットプレーからニアの高橋のヘッドで先制したが、後半に右サイドを破られて失点。そのまま終了。武藤も空回りで、試合を通じて守備から攻撃への切り替えが遅く、あそこでなんで千真なのかという交代も。せっかく3万人越えたのに、しょぼい試合だった。といいつつも、栗原の退場を見落としていて、我ながら何だかなあとも思う。

 来シーズンは丸山復帰でCBが森重・吉本とともに充実するが、今シーズンの森重はPK2発献上は反省すべき。吉本は成長した。フィード改善すれば代表もいけるかも。いっぽうサイドバックは、一歩目の遅い徳永が攻撃だけでなく守備でも通用しなくなってきて、来期はCBかと思う。もっと松田を見たかった。太田も足の怪我があったようだが、もう少しゴール・アシストも欲しかった。高橋は来期、橋本・野澤とレギュラーを争うようになるだろう。心配なのは後半で失速した米本。いいときなら代表のレギュラー間違いなしなのに。羽生はまだまだ必要で、東は怪我が不運だったが越えて欲しいところ。エドゥーはもっとよくなるのか、このままなのか? 河野も息切れした。武藤は怪我しなければ来期もやるだろう。千真? 知らん。結局平山抜けてから、勝てなくなった1年だった。権田も勝ち点を増やすような活躍はしていない。おっと、梶山を忘れていた。オプションなのかなあ… 石川も、シュート力を生かせば、オプションとして使えるのか? 最後に、ここ2大会のイタリア代表の惨状を考えると、イタリア人監督は信用していないのだが、来期はいい意味で裏切って欲しい。

|

« 甲府 0-0 東京 来年が思いやられるスコアレス(11月29日) | Main | 2015東京 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/60810763

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-1 横浜M 不安な終わり方(12月6日):

« 甲府 0-0 東京 来年が思いやられるスコアレス(11月29日) | Main | 2015東京 »