« ヴェルディ 1-1 群馬 今年最初で最後のJ2観戦(11月15日) | Main | 甲府 0-0 東京 来年が思いやられるスコアレス(11月29日) »

November 23, 2014

東京 1-3 新潟 裏切られた(11月22日)

 わずかながら4位、アジアの可能性も消滅し、消化試合ではあったが、日本代表3人ということも利用した動員が功を奏し、4万2千人の観客となった試合。前半早々、エドゥーのクロスを河野がしとめて楽勝イメージとなったのがよくなかったようだ。
 徐々に新潟にボールを回され、クロスの精度のなさと枠外のシュートに助けられていたが、バックラインの裏を取られて指宿に決められて同点とされる。
 直後に森重と高橋とが声をかけあっていたが、何かがうまく行っていない様子。
 後半の最初は攻勢に出ていたが、その後尻すぼみで、フリーキックを決められ、更には徳永が失ったボールを追い遅れたあげく、カウンターを食らって追加点を取られ、結局そのまま敗戦。
 まともにサッカーをやっていたのは羽生ぐらいで、全体的に玉際が鈍く、森重をはじめとして集中力も乏しかった。米本も完全に輝きを失っている。交代もなぜ千真なのか不明。
 おまけに売店は、低競争に支えられてか、相変わらずの超スローペースで大渋滞。さらに帰り道も手持ち無沙汰で役立たずの警官が道を狭め(4万入るのだから、手信号で旧甲州ぐらい閉鎖してみろといいたい)、更に飛田給駅も不要な入場制限。チームと同様、すっかり2万5千、中位停滞の対応しかできないようになってしまっている。全く、全く嘆かわしい。

 さて、チームについては来年を考えると、大変革が必要である。
 ここぞというところは負けない、チャンスは取るチームにしていかないといけない。そのためには、実績重視で、もう「いい人」は要らない。社長か監督かゲームキャプテンを代える、そのような大手術が要ると思う。スタメンも競争が足りない。主に中心線の補強も要るが、松田のようなギラギラした選手をもっと起用すべきである。
 ということでいうと、次は相手は城福監督は退任するものの、残留を決めた甲府ということで、完全なる消化試合だが、高橋が出場停止ということは前向きに捉えることもできそうだ。アンカーは野澤なのだろうか? 起爆剤になってくれないかと、少しだけ期待している。ジョーカー的な梶山のアンカー投入もありだと思うがケガ? 次こそ若手の積極起用を!

|

« ヴェルディ 1-1 群馬 今年最初で最後のJ2観戦(11月15日) | Main | 甲府 0-0 東京 来年が思いやられるスコアレス(11月29日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/60697994

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-3 新潟 裏切られた(11月22日):

« ヴェルディ 1-1 群馬 今年最初で最後のJ2観戦(11月15日) | Main | 甲府 0-0 東京 来年が思いやられるスコアレス(11月29日) »