« 東京 3-0 仙台 こんなものではない(平山)(7月28日) | Main | セレッソ 0-0 東京 最低限の勝ち点1(8月9日) »

August 03, 2014

東京 4-0 清水 ここからだ(8月2日)

 監督交代の清水が一時的なパワーを発揮しないか、不安だったが、特段のことはなかったようだ。「清水の敵は清水」というのも一理あるかもしれない。

 キックオフ直後、武藤がチャンスを逸したが、その後、相手クリアの浮き玉を、エドゥーが叩き込む。彼のボレーは見事である。
 その後、清水がペースをつかみかけるが、何とか耐え、前半終了間際。このまま1-0で終わればいいと思っていたのだが、コーナーキック。エドゥーのヘッドが入ったかと思いきや、ポスト。その流れから太田のクロスにヘッドで合わせたのは武藤だった。これは大きかった。
 更にロスタイム、武藤の抜け出しを清水の河井が倒してイエロー。このフリーキックを太田が見事に右ポストに当たるゴールを決めて3-0。前半終了。
 後半、このまま終わればいいと思っていたが、右サイドからのカウンターに武藤が抜け出し、二度の切り返しでDFを翻弄した後、右足で決めて4-0。
 あとは相手の俊足、村田にひやひやさせながらも、最後のところで権田のファインセーブもあり、試合を終えた。さらに苦手の大前が熱中症にかかった影響とかで、早めに交代したのにも助けられたと思う。

 下位に3連勝し、次はアウェイのセレッソ戦だが、そこからアウェイ鳥栖、天皇杯をはさんでホームで浦和、アウェイ鹿島と上位との対決が続く。5位浮上で首位と9差、ようやく監督の考えるサッカーが表現できるようになってきたようだが、ここからが正念場。ここ2試合で羽生がいいところを見せるいっぽう、途中出場の東がいいスルーパスも見せるものの、まだ乗り切れていない印象。カニーニ・梶山・野澤といったところが機能するのか、平山はそれなりとしても千真がどうか等々、本当に層が厚いといえるのか、これも見所である。

 河野・武藤といった突破力のある選手が攻撃を構成することによって、得点の可能性が広がった。少し前には石川が「東京のロッベン」の如くであったが、彼はその後、「シューター」に転進したものの、突破力は落ちてしまった。その後のポポビッチ時代は、パスのためのパスになってしまい、河野のような選手は冷遇されてしまった。でも、突破というもう一つの選択肢があるからこそ、いいスルーパスも活きるのである。ただ、ここ数試合、相手よりもシュート数が少ない。これはポポビッチのときと同じで、もっと撃ってもいいとは思う。

|

« 東京 3-0 仙台 こんなものではない(平山)(7月28日) | Main | セレッソ 0-0 東京 最低限の勝ち点1(8月9日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/60089541

Listed below are links to weblogs that reference 東京 4-0 清水 ここからだ(8月2日):

« 東京 3-0 仙台 こんなものではない(平山)(7月28日) | Main | セレッソ 0-0 東京 最低限の勝ち点1(8月9日) »