« 東京 1-1 鹿島 シュート6本(7月20日) | Main | 東京 4-0 清水 ここからだ(8月2日) »

July 28, 2014

東京 3-0 仙台 こんなものではない(平山)(7月28日)

 鹿島に追いつかれ、新潟には何とか勝ったが、ここが重要と思った仙台戦。東京ペースの中、太田からの普通のクロスを平山が決める。競っていたのが開いて左サイドバック二見だったということもあるのだろうけれど、身体能力による得点。その後も東京ペースで進む。突然先発起用された羽生の気の利いた動きが攻撃のリズムを作っていた。そして、ペナルティエリア付近で、河野のミスパスを平山が体を倒しながら返すと、河野は左足を振り抜き、相手DFに当たってゴール。

 その後、仙台は右サイドバックの菅井を交代、武井を下げて武藤を入れる。武井はその前から守備に追われる感じだったが、中盤だとちょっと怖かったので、右サイドバックだとよさが出ないと思っていた。
 東京はコーナーキックを獲得し、こぼれたところを高橋が拾って右上隅、ポストをかすめたシュートが決まって3-0。森重かと思ったが白い靴で、意外や意外、高橋だった。

 前半はそのまま終了し、後半も最初に武藤が突破からクロスを入れるが、平山が決めきれない。これを決めればお祭り騒ぎだっただろう。その後、河野に代えて東を投入し、中盤を3から4に増やして、仙台が攻勢に出るが、うまく時間を使った。更に武藤を三田に交代し、あとは野澤を見たいと思ったが、時間も少なくなり、千真を功労者羽生と交代。しかし時間はほとんど残っておらず、直後に終了。

 完勝という感じだったが、羽生が潤滑油として機能し、平山も身体能力を見せた。ただ、「怪物の復活」というにはまだまだ。
 守備の補強はしたので、あとは梶山が攻撃のオプションたりうるかなのだろう。半分終わって首位との勝ち点差は11。3位とでも8ある。まだまだアジアへのチャンスはあるけれど、簡単ではない。
 相手選手紹介ではノリオにはブーイングで、赤嶺には拍手が多かった。後半から二人とも出てきたが、ノリオには一度ぐらいフリーキックを蹴らせたかった。あと、角田はボランチだと嫌らしいけれど、CBだとあまり怖くないかも。

|

« 東京 1-1 鹿島 シュート6本(7月20日) | Main | 東京 4-0 清水 ここからだ(8月2日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/60059927

Listed below are links to weblogs that reference 東京 3-0 仙台 こんなものではない(平山)(7月28日):

« 東京 1-1 鹿島 シュート6本(7月20日) | Main | 東京 4-0 清水 ここからだ(8月2日) »