« 東京 0-2 鳥栖 八百長か、それともイタリアサッカーによる衰退か(ナビスコ) | Main | 東京 1-1 鹿島 シュート6本(7月20日) »

June 28, 2014

日本代表雑感

 ギリシャ戦の後半を見ていないのでナニだが、予選を突破できなかった理由は、欧州組にコンディション不良の選手が複数いたことと、ピークを過ぎた選手を起用し続けたことであったと思う。

 前者は本田・長友・香川・吉田。後者は長谷部・遠藤・今野・川島が代表的なところ。国内組の森重・山口・青山・大久保や、海外組でも内田・岡崎はそれなりに持ち味を出したが、国内では柿谷・西川(親善試合のみ)、海外では大迫・清武は、残念ながら不完全燃焼のまま終わってしまった。
 選手重視のザッケローニと戦術ありきの岡ちゃんとの差だったのかもしれない。そのため、代えようにも代える選手がいなくなってしまった。早い段階からボランチは山口・青山にシフトすべきだったと思うし、中村憲剛を入れておけば、ボランチはもちろん、本田の代役ですら何とかなったと思うのである。理解不能だったのは、長谷部を3試合ともスタメンで起用したこと。明らかにフィジカルの劣る選手が一人いて、10.5人状態を皆でカバーしなければならなかった。ジーコのとき、CBを3人に増やさざるを得なかった宮本を思い出した。他の選手が可愛そうである。

 とはいっても、日本がサッカー大国だとは到底いえない訳で、小国だったら選手を固定して、ケガのリスクはある程度あきらめ、毎回出場は無理だけれどときどき上位進出という戦略を取るところ、大国と小国との間の戦略を取っていて、それが正解なのだと思う。

 しかしながら、今度は0.5枠か1枠程度はアジア枠が減る可能性もあり、しかも次の大会はロシアだから、中国は政権をかけるぐらいの決意で出場を目指すだろうし、中東勢も黙っていないだろう。だから、次のアジア予選はスリリングになることは間違いがないはずだ。まあ、大国じゃないんだから、楽しもうよ。

|

« 東京 0-2 鳥栖 八百長か、それともイタリアサッカーによる衰退か(ナビスコ) | Main | 東京 1-1 鹿島 シュート6本(7月20日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/59889440

Listed below are links to weblogs that reference 日本代表雑感:

« 東京 0-2 鳥栖 八百長か、それともイタリアサッカーによる衰退か(ナビスコ) | Main | 東京 1-1 鹿島 シュート6本(7月20日) »