« May 2014 | Main | July 2014 »

June 28, 2014

日本代表雑感

 ギリシャ戦の後半を見ていないのでナニだが、予選を突破できなかった理由は、欧州組にコンディション不良の選手が複数いたことと、ピークを過ぎた選手を起用し続けたことであったと思う。

 前者は本田・長友・香川・吉田。後者は長谷部・遠藤・今野・川島が代表的なところ。国内組の森重・山口・青山・大久保や、海外組でも内田・岡崎はそれなりに持ち味を出したが、国内では柿谷・西川(親善試合のみ)、海外では大迫・清武は、残念ながら不完全燃焼のまま終わってしまった。
 選手重視のザッケローニと戦術ありきの岡ちゃんとの差だったのかもしれない。そのため、代えようにも代える選手がいなくなってしまった。早い段階からボランチは山口・青山にシフトすべきだったと思うし、中村憲剛を入れておけば、ボランチはもちろん、本田の代役ですら何とかなったと思うのである。理解不能だったのは、長谷部を3試合ともスタメンで起用したこと。明らかにフィジカルの劣る選手が一人いて、10.5人状態を皆でカバーしなければならなかった。ジーコのとき、CBを3人に増やさざるを得なかった宮本を思い出した。他の選手が可愛そうである。

Continue reading "日本代表雑感"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2014

東京 0-2 鳥栖 八百長か、それともイタリアサッカーによる衰退か(ナビスコ)

 森重を欠いたナビスコで3連敗。今日は内容も無く、選手は試合後にスタンドによく手を振れたものだと思う。キャプテンマークを巻いても行けない徳永、裏取られまくる吉本、ボールの軌道が狙ったように外れる太田・東。せっかく出たのに何もできなかった三田等々。

 とはいえ、メンバーを鳥栖と比べれば、この負けは素直に受け取れない。八百長でもないかと思うほどなのである。でも、サッカーの質には差があったとも思う。ということは認めざるを得ない。
 つまり、イタリアサッカーが実は20世紀のままで、セリエAとか言っているけれど、実は世界の潮流から取り残されている低レベルの戦術なのではないかとさえ思う。となると、このワールドカップではイタリアは予選敗退、日本代表も長友や本田が使えず、「イタリアの時代は終わった」ということが、ここ1月で露呈されるのかもしれない。つまり、東京もイタリアサッカーをやろうとしても、当然に勝てないということ。しかし、イタリア人は言い訳がヘタではないので、「南半球の大会」ということ等々で、4年間は曖昧な状況が続くのである。

Continue reading "東京 0-2 鳥栖 八百長か、それともイタリアサッカーによる衰退か(ナビスコ)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2014 | Main | July 2014 »