« 東京 3-0 G大阪 11>9? (5月17日) | Main | 東京 0-2 鳥栖 八百長か、それともイタリアサッカーによる衰退か(ナビスコ) »

May 22, 2014

東京 2-3 清水(ナビスコ) 守備崩壊(5月21日)

 会社を早めに出て、キックオフには間に合わせた。スタメンは権田→塩田、森重→加賀、三田→東以外はガンバ戦と同じ。徳永→松田、森重→カクで攻撃的に来るという目論見ではなかった。

 前半なんとなくうまくない中、高橋のパスが奪われると、一発で裏を取られて失点。すぐその後にエドゥーがディフェンスラインの裏に抜け出してループを決めて追いついたのに、その後落ち着かせることができなかった。コーナーキックから失点。引き分けで十分な試合だったのに。
 そして後半、東の軽い守備から太田の裏に配給されてクロス。ノバコビッチは触るだけだった。平山・松田を投入してクロスを入れようとするもうまくいかず、エドゥーが見事なボレーを決めたがそこまで。

 せっかく投入された東だったが、いまひとつ機能せず。徳永は一歩目の遅さを身体能力でカバーできなくなってきた。そろそろ松田にスタメンを譲る時期かもしれない。守備のユーティリティとしての能力はありそうだけれど… 吉本は鳥栖戦では加賀と組んで見事なコーチング力を発揮したようだが(見てない)、この日のDFでリーダーシップを取れなかったかもしれない。ナビスコ予選あと2試合も、ここが課題。そして、エドゥーはエースの力を見せた。10人で守ってエドゥーが決める大作戦という時間帯もありかもしれない。

 次のガンバ戦、少しメンバーを入れ替えてもいいのではないかと思う。あとは野澤の復帰待ち。あっ、梶山も。

|

« 東京 3-0 G大阪 11>9? (5月17日) | Main | 東京 0-2 鳥栖 八百長か、それともイタリアサッカーによる衰退か(ナビスコ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/59687830

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-3 清水(ナビスコ) 守備崩壊(5月21日):

« 東京 3-0 G大阪 11>9? (5月17日) | Main | 東京 0-2 鳥栖 八百長か、それともイタリアサッカーによる衰退か(ナビスコ) »