« 東京 2-0 C大阪 吉本、奮闘 (4月19日) | Main | 東京 0-1 名古屋 苦しくなってきた »

April 27, 2014

横浜M 0-1 東京 厳しめに振り返る(4月26日)

 試合前のメンバーを見ると、控えがGK1名、DF3、MF1、FW2となっており、バランスがおかしい。おそらく結構寸前で河野が負傷してしまい、急遽加賀を入れたのではないかと思う。

 試合は風が強い中、マリノスの中村のサイドチェンジが効いていてひやひやした。が、平山の強烈なシュートをGKが弾いたところに、東が詰めて先制。前半7分。マリノスはACLの疲れがあるのか、玉際が弱い。その後も東京ペースで、太田のクロスに平山が頭で合わせたと思ったがオフサイド。前半はいい戦いのまま終える。気になったのは、判定にも問題があったかもしれないけれど、ファウルが多かったこと。マリノスのチャンスはセットプレーしかなく、中村に何本も蹴らせれば、そのうち点につながりそうだからだ。
 後半は一転してマリノスペース。東京は武藤・エドゥーを入れるが前でキープできない。ただ、マリノスはクロスの精度が低く、権田が何度もキャッチ。引いたラインだが、森重と吉本は空中戦を完全に制覇して、相手にチャンスを作らせず。それでもセットプレーは怖かったけれど、最後は羽生を入れ、高橋もDFラインに下がって押さえた。
 

 相手のクロス精度が高かったら、もう少し高いFWがいればと考えると、その際には別の戦いをしたのかもしれない。また、連戦の中、MFの控えが羽生しかいないとなると、東や米本がきつくなってくる。河野がどうなのか、野澤の復帰も待ちたいし、4-4-2で中盤を4枚フラットにすれば、武藤をサイドに配置することもできるのかもしれないが、中盤が薄くなってきて、補強を考えてもよさそうだ。逃げ切るときには、サイドバックの選手を配することもあるのかもしれない。

 あと、平山は奮闘していて、このまま行けば、代表最後の切符も夢ではないと思ったが、後半は前線でキープができなかったこと、エドゥーがいまひとつなのも気になる。これからゴールデンウィークの連戦、全てのチームが疲れているだろうけれど、ここでチーム力が試されるのである。

|

« 東京 2-0 C大阪 吉本、奮闘 (4月19日) | Main | 東京 0-1 名古屋 苦しくなってきた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/59537972

Listed below are links to weblogs that reference 横浜M 0-1 東京 厳しめに振り返る(4月26日):

« 東京 2-0 C大阪 吉本、奮闘 (4月19日) | Main | 東京 0-1 名古屋 苦しくなってきた »