« 東京 1-1 甲府 さてはて (3月8日) | Main | 横浜M 0-1 東京 厳しめに振り返る(4月26日) »

April 20, 2014

東京 2-0 C大阪 吉本、奮闘 (4月19日)

 しばらく書いていなかったけれど、復活なのかどうか?

 実際試合が見れていない。生観戦は川崎以来。仙台・広島戦はテレビで見たが、清水・鳥栖・神戸戦はそれすらなし。
 総合すると、だんだんよくなってきたということなのだろう。
 前半は一進一退で、相手のシュートやクロスを、最後のところで吉本がなんとか足や体に当てているシーンが何度かあった。河野や東、高橋も、戻ってボールを奪い、守備に貢献していた。しかし、これが90分続くとは思えず、危ないと思っていたが、セレッソの弱点は両サイドバックの裏。後半右サイドバックの裏を太田が抜け出してクロス。平山が豪快に叩きつけてゴール。その後、疲れ気味(?)のエドゥーを武藤に交代すると、更に攻撃が加速し、左を抜けた武藤から平山。これを外したものの、その後、後ろから上がってきた高橋にボールが出ると、見事なヒールパスで武藤へ。武藤はコースがないと思いきや、GKの股下を見事に通して加点。美しいゴールだった。
 早い時間に1点返されると危ないと思っていたが、そこは何とかしのぎ、結局無失点で勝利。皆が役割を果たした勝利であった。

 監督の采配としては、かなり多くの選手を起用しており、それによって怪我人が出たときのリスクも極小化できそうである。また、フォーメーションも臨機応変。心配なのは千真と石川ぐらいかな。課題はまだまだありそうだが、もう少し見てみよう。

|

« 東京 1-1 甲府 さてはて (3月8日) | Main | 横浜M 0-1 東京 厳しめに振り返る(4月26日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/59501662

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-0 C大阪 吉本、奮闘 (4月19日):

« 東京 1-1 甲府 さてはて (3月8日) | Main | 横浜M 0-1 東京 厳しめに振り返る(4月26日) »