« 日本 4-2 ニュージーランド 初国立の人たちと(3月5日) | Main | 東京 2-0 C大阪 吉本、奮闘 (4月19日) »

March 09, 2014

東京 1-1 甲府 さてはて (3月8日)

 前半、エドゥのシュートがDFに当たって方向が変わり、GKが処理し損なって先制。その後も攻めるが無得点。後半は高橋、東のシュートもあったが手詰まり状態で、森重がイライラしてイエロー。その後も森重のところで失った後のセットプレーから失点。石川・米本・平山を投入するも引き分け。

 攻撃はロングボールが多く、前の3人と中盤とに距離があり、エドゥは圧倒的な存在感を示すも、ストライカーの千真は攻撃の組み立てには貢献できない。昨年までと逆に三田と武藤のドリブル突破はあるが、パスワークは影を潜めている。まだまだこれからだが、爆発的な得点力は難しいかも。

 ただ、米本の復帰で中盤が活性化されることには大いに期待したい。

|

« 日本 4-2 ニュージーランド 初国立の人たちと(3月5日) | Main | 東京 2-0 C大阪 吉本、奮闘 (4月19日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/59262954

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-1 甲府 さてはて (3月8日):

« 日本 4-2 ニュージーランド 初国立の人たちと(3月5日) | Main | 東京 2-0 C大阪 吉本、奮闘 (4月19日) »