« 東京 2-1 仙台 シンデレラボーイの如く (12月22日) | Main | 柏 1-1 東京 始まったのだな(3月1日) »

December 31, 2013

広島 0-0(PK5-4) 東京 来年こそは!

 一昨年、J2の年、塩田は18試合、13勝2分3敗。権田は20試合、10勝6分4敗ということで、塩田のほうが勝率が圧倒的に高いと書いた。http://mendoza.cocolog-nifty.com/trespesos/2011/12/post-67b1.html

 おそらく、コーチングの差なのだろう。反射神経やキックの精度は権田のほうが高そうだからである。ということで、この終盤となって塩田がスタメンとなったのも納得がいく。

 さて、この日のスタメンをみて驚いたが、4バックでチャンヒョンスをMFとしていたものの、3-4-3というより、5-4-1という布陣だった。しかも太田がミキッチを警戒し、徳永も引き気味だったため、最終ラインに5人が並ぶことが多かった。ということで、大きなピンチもチャンスも少なく、トーナメーントらしい戦いだった。リーグ戦だってたまにはこんなこともあっていいかもしれない。ただ、穴がない分交代する選手も見つからず、どうしたのか分からないほど無得点が続く千真を石川、この日は交代させるのがもったいなかった東を林に代え、ゼロトップなのかツートップなのか分からない布陣で90分を終える。ルーカスがいないのはもちろんだが、平山の出場停止も、ものすごく痛かった。

 延長に入って高橋を三田に代えるも、そのまま0-0で終了。攻撃へのシフトが難しかった。そしてPK戦は3-1となって。あと両チーム4人のうち、こちらは1人が決め、又は相手が1人が外せばというところだったが追いつかれ、7人目でやられてしまった。

 この2年間、悔しいことのほうが多かった。メンバー間にあまり競争がなかったこと、ピッチ上も含め、ゲームをコントロールできる人材が乏しかったことも原因か? 実は塩田がそんな役割を果たしていることが、ここ数試合で改めてよく分かったが、今後は権田の成長にかかっているのだろう。

 新監督を迎え、ルーカス・ネマ・平松が去ることになり、ヒョンスもそんなうわさがあるが、決定力のあるFWとCBがポイントか? 平山が復活、大バケしてくれればいいのだが、どんなものだろうか? あとはドリブル突破できる選手もいないとなあ…
 贔屓目とはいえ、J1のチームの中でも、個別の選手の能力は最も高いチームなのだから、ある程度の監督が来るだけで優勝争いはできるはずなのである。来年はワールドカップ年だし、「攻めの経営」でいいと思うが、さて…

|

« 東京 2-1 仙台 シンデレラボーイの如く (12月22日) | Main | 柏 1-1 東京 始まったのだな(3月1日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/58854141

Listed below are links to weblogs that reference 広島 0-0(PK5-4) 東京 来年こそは!:

« 東京 2-1 仙台 シンデレラボーイの如く (12月22日) | Main | 柏 1-1 東京 始まったのだな(3月1日) »