« 甲府 1-1 東京 今頃だけと、書いておこう(10月27日) | Main | 東京 3-0 大宮 なんでこういう勝ち方ができたのか(11月16日) »

November 10, 2013

東京 1-2 C大阪 さよならポポビッチ (11月10日)

 ルーカス退団、タダ券もあり、今期最高の入りの試合だったが、いつものホーム負けパターン。ACLは天皇杯以外はなくなったと思うが、さすがにその前に監督を代える訳にもいかないだろう。この2年間は何だったのか、暗黒時代たっだと言わざるをえない。試合が終わった後、しばらくしてから悲しみがこみ上げてきた。
 そもそも高橋出場停止で、ボランチの一人にチャンを入れるのはいいけれど、ずっと固定メンバーでやってきたので、ぎこちなくなるのは仕方がない。でも、玉際で負けたような失点の後、前半で痛んだボランチの米本が交代。
 後半攻めて攻められるが、何とか権田が凌ぎ、千真と東のシュートは決まらないも、唐突にアーリアの同点ミドルが決まった。
 その後も攻めるが、チャンがヘトヘトで真ん中が危ない感じ。結局はGKからの一発を森重が裏を取られて柿谷にやられて終わり。

 千真・東の不調や、森重の集中力不足に不満もあるが、まあ、この監督の固定スタメンによる弊害が大きく、そのつけが出たということだろう。まあ、これだけの選手でこの成績の監督を評価することはできない。
 心配なのは入場料収入が落ちていて、来年の補強の費用がなくなり、ルーカスも引退で、「ペンペン草も残っていない」状態とならないかということ。梶山を戻すかね。いずれにしても、危機感が必要だ。
 リーグ戦は平山や河野を先発に使って欲しいもの。東と千真は休ませるべきである。GKも塩田がいいかも。レンタルで出て行った選手が惜しい。来年の活躍可能性を期待。

|

« 甲府 1-1 東京 今頃だけと、書いておこう(10月27日) | Main | 東京 3-0 大宮 なんでこういう勝ち方ができたのか(11月16日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/58550308

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-2 C大阪 さよならポポビッチ (11月10日):

« 甲府 1-1 東京 今頃だけと、書いておこう(10月27日) | Main | 東京 3-0 大宮 なんでこういう勝ち方ができたのか(11月16日) »