« August 2013 | Main | October 2013 »

September 15, 2013

東京 3-2 浦和 平山に尽きる (9月14日)

 広島戦はテレビ、天皇杯は見ていないのだが、いずれも粘り勝ちのようなところで、鳥栖戦の悔しい教訓も少しは生きたのかとも思う。

 さて、国立の試合。スタートは予定のスリーバックだったが、結構裏を疲れて危ないときもあった。少しずつ安定、攻勢に出ようというところ、ルーカスがファウルをもらったフリーキック。太田のキックをチャンヒョンスがヘッドでうまくあわせて先制。取ってみるとあっけないもの。またまた似た位置から、今度は東が蹴って森重がヘッド納めて2-0。
 その後、守備も安定し、浦和はボールを回すもチャンスはほとんどなく終了。後半開始まで気がつかなかったのだけれど、4バックに戻して安定したようだ。最初はルーカスが槙野の攻撃を抑えるためにずいぶんと下がっていたので、これはまずいと思っていたところだったので。
 しかし、後半5分を持ちこたえたと思ったのだが、セットプレーから槙野にヘッドで決められ、その少し後にも高橋のパスミスから最後は徳永が那須に競り負けてヘッドで押し込まれて同点に。2点リードすると追いつかれるのが常態となってしまった。
 その後はどちらかというと攻勢に出るも、なかなかチャンスをものにできない中、交代出場の平山と石川が前から守備をしてペースを作り、米本が勝負パスを繰り返す中、フリーキックのチャンスを得ると、太田のキックに平山がコースを狙ったヘッドで勝ち越し。ロスタイムの4分を逃げ切って勝利。
 戦い方の問題はあるも、最後の平山が全てを帳消しにしてくれた感じ。順位を上げたけれど、まだまだアジアは限りなく遠いので、全然喜ぶことはできないのである。

Continue reading "東京 3-2 浦和 平山に尽きる (9月14日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2013 | Main | October 2013 »