« 東京 2-1 新潟 勝って敗退(ナビスコ 5月15日) | Main | 東京 0-1 広島 監督を代えてくれ(7月6日) »

May 19, 2013

東京 2-0 清水 ナビスコの成果(5月18日)

 水曜のナビスコから、ケガのアーリアと石川がアウトで、ルーカスと平山(出場停止だった)がイン。FWの林のところに大竹か野澤でも入れるかと思ったが、変更なし。スタメンは森重・米本・ルーカス・千真が変更点。李がツートップとトップ下の間みたいな感じで、東は左サイドという布陣。

 前半は長いボールが多く、ラストパスがなかなか通らず。相手の伊藤翔の決定機を権田が防いだのが大きかった。
 後半、東京が攻勢。東・ルーカス・東(スルー)で戻ってきたボールを高橋がシュートすると、DFの股を抜け、更にGK林の股まで抜けてゴールイン。
 清水の反撃を凌いだ後、千真のクロスをGkがパンチングすると、それがルーカスの胸に当たってそのままゴール。これで2-0。
 清水が攻撃に出ようとするところ、東京は李に代えて草民を入れ、ボールを落ち着かせる。更にGKも含めた最終ラインが、相手を小ばかにするかのようなパス回しで時間を使うと、清水の足が止まり始めた。攻撃陣を入れ替えるもあまり効果はなかったようだ。
 東を三田、千真を林(平山ではなかった!)と代える余裕の展開で、しかも交代選手が活き活きとした活躍をみせる展開で、最後は点差以上の快勝。

 水曜日の試合を休んだ中で森重・ルーカス・米本がいい動きを見せ、森重は巧みな奪取と攻撃の起点となる活躍。李と千真にもう少しシュートが欲しかった。メインで見ているせいかもしれないが、太田は後半に攻撃参加を増やしているような気がする。チャンヒョンスは巨漢のバレーをほぼ完封し、東京は韓国代表のCBを育成することとなっている。

 前半は主審にもイライラしていた監督・サポーターであったが、選手は比較的霊性だったようだ。
 まあ、次の鹿島に負けたら意味がない。次が大事である。

|

« 東京 2-1 新潟 勝って敗退(ナビスコ 5月15日) | Main | 東京 0-1 広島 監督を代えてくれ(7月6日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/57416793

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-0 清水 ナビスコの成果(5月18日):

« 東京 2-1 新潟 勝って敗退(ナビスコ 5月15日) | Main | 東京 0-1 広島 監督を代えてくれ(7月6日) »