« March 2013 | Main | May 2013 »

April 28, 2013

東京 2-0 川崎 相手は中村を欠いた。もっと点が取れた(4月27日)

 ナビスコ大分戦は、前半チャンスを作ったのに決められず、後半は徳永・高橋あたりに疲労が出たこともあってか尻すぼみ、無様な引き分け。最終節に試合がないことからすると、2位以内の決勝トーナメントは、絶望的とまでは言わないものの、かなり厳しくなった。おまけに平山が出場停止。

 さて、ということで、せっかく逆転勝ちした名古屋戦のいい余韻もなく川崎戦へ。相手は中村憲剛をケガで欠くのだから、付け込む先はあるはずだと思っていた。あわよくば大勝と考えていた。もちろん不気味な予感もしたが、東京のペースで試合は始まる。チャンスは作るが、最後のところで撃ってもいいのに難しいパスを選択して取られることがあり、また、森重・高橋等のミスからカウンターを食らい、ひやりとする場面もあった。ただ、もともと川崎はカウンターが得意ではないのかもしれない。東京は右サイドからの攻撃が多かったが、そこからチャンスを作ってルーカスのシュートで先制。その後も攻勢だったが相変わらずシュートが少なく、前半はそのまま終了。「最後のところの精度」を気にするあまりシュートを撃たないシーンが多すぎる。「シュートを失敗しても、もう一回チャンスを増やせばいい」ぐらいに割り切るほうがいいのではないかと思う。ここに得点が少ない原因があるのだ。前半は千真・東が消えていたと思う。

Continue reading "東京 2-0 川崎 相手は中村を欠いた。もっと点が取れた(4月27日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2013

東京 3-1 名古屋 審判対策の勝利

 4連敗ということで、選手は明らかにナーバスだった。玉際を強く行こうとしてファウルやイエローと取られいらだち。そんな中、名古屋得意のセットプレーにやられた。茂庭えのエルボー以来、最高に嫌悪するオージーにやられたので、不愉快感極致。
 その後、見えなかったけれど、トゥーリオの、レッド級のペナルティエリア内のハンドを見落としたということで、猛抗議があり、そこから試合の潮目が明らかに変わった。
 後半ロスタイム、徳永のペナルティエリア侵入には、シミュレーションではなくPK。これを、先日外した東へのコールがある中、ルーカスが何とか決めて同点。

Continue reading "東京 3-1 名古屋 審判対策の勝利"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2013

C大阪 2-1 東京(ナビスコ) 仙台2-1東京 負ける理由は分かった

 4連敗+α。昨年よりも、2010年よりも惨めなときがあるとは思っていなかった。理由は難しくない。要するに、シュートやクロスへのチャレンジがかけていて、安全第一でパスを回しているからだ。おそらくミスすると監督に怒られるのであろう。確率3割のシュートでも、3本撃てば入る可能性が高いし、確率80%のパスでも、4本繋いでいれば、繋がらないリスクは50%を越える、そんな中学生の算数が分かっていないようなサッカー。

 速攻、アーリークロスやミドルシュートが少ないので、対策を立てられると、何もできない、「選択肢無きサッカー」。これを「自分たちのサッカー」というのか? 噴飯ものだ。
 監督代えない限りは「敗者のメンタリティ」が蓄積し、残留がやっとになる。だめだ、こりゃ。このままでは来年のアジアはない。
 選手では権田・徳永・高橋・アーリアにハードワーク・集中力を切らしたプレーが目に付く。ここを代えたほうがいい。まさか、残留の切り札に10番とか考えてないだろうね。

Continue reading "C大阪 2-1 東京(ナビスコ) 仙台2-1東京 負ける理由は分かった"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2013

東京 0-1 大宮 昨年と変わらない

 いいサッカーという錯覚。2010を忘れるな。攻撃単調すぎ。
やっぱラウル取ろう。ついでに監督も代えちまえ。
突破なきパスサッカーに未来なし。
 徳永が重かった。あとオフサイドかかりすぎ。ことしもダメなきがしてきた。
 セーフティーにやればいいところで権田のミス。何度同じことを繰り返すのか。
 中盤でとられるアーリア、ボランチはやっぱり米本だ。一歩目の遅さ、を身体能力でカバーできなくなってきた徳永。そして、東がそれほど悪かったとは思わないが、李、千真とともに、何度オフサイドをとられれば気が済むのか? 練習不足?
 せっかく太田のクロスでチャンスを作っていたのだから、あそこは三田じゃなくて平山でしょう。もう、「自分たちのサッカー」という言葉は封印して、ひらすらゴールを奪うための選択肢を多くして欲しい。ドリブルあってのパスだし、放り込みだって、たまにやれば次はフェイントに使える。勝てないのは、選手個人よりもチーム作りの問題。

Continue reading "東京 0-1 大宮 昨年と変わらない"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2013

東京 0-0 名古屋(ナビスコ) もったいない(4月3日)

 なんだかアウェイ贔屓の判定だと思っていたところ、最後にタナボタ的なPKをもらったのに、蹴るのは意外や意外、東で、これがバーをヒット。結局0-0引き分け。

 前半は、いい感じで河野と平山がボールに絡んだが無得点。怖いのはセットプレーだけだった。後半は名古屋が立て直してきて、一度大ピンチもあったし、トゥーリオが時々上がってくるのは嫌らしかったが、東京は米本が絶好調で森重も固かった。そろそろザックに呼ばれてしまうかもね。

Continue reading "東京 0-0 名古屋(ナビスコ) もったいない(4月3日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2013 | Main | May 2013 »