« C大阪 2-1 東京(ナビスコ) 仙台2-1東京 負ける理由は分かった | Main | 東京 2-0 川崎 相手は中村を欠いた。もっと点が取れた(4月27日) »

April 20, 2013

東京 3-1 名古屋 審判対策の勝利

 4連敗ということで、選手は明らかにナーバスだった。玉際を強く行こうとしてファウルやイエローと取られいらだち。そんな中、名古屋得意のセットプレーにやられた。茂庭えのエルボー以来、最高に嫌悪するオージーにやられたので、不愉快感極致。
 その後、見えなかったけれど、トゥーリオの、レッド級のペナルティエリア内のハンドを見落としたということで、猛抗議があり、そこから試合の潮目が明らかに変わった。
 後半ロスタイム、徳永のペナルティエリア侵入には、シミュレーションではなくPK。これを、先日外した東へのコールがある中、ルーカスが何とか決めて同点。

 一応後味よく前半を終わったので、後半は東京の攻勢。持ち上がった森重がペナルティエリアで倒れる。ヘタをすれば2枚目のイエローだが、ここは主審がまたもやPK。かつての小峯のようだったが、ギャンブルだったのではないかとも思う。でも、潮目は東京だったので行ったのだろう。これもルーカスが決めて逆転。
 キックオフから決定機を逸し続けていた千真だったが、楢崎からのフィードを小川から徳永が奪い、そのボールを受けて決めた。そんなに強烈なシュートではなかったが、ブラインドとなったのかもしれない。
 まだまだ分からないと思っていたが、名古屋は田口に2枚目のイエロー。普通のファウルに見えたが、もう主審は止まれなかった。ダニルソンとともに中盤を仕切り、米本・高橋(きょうもあまりよくなかったけれど)との対決は見ごたえがあっただけに残念。こうなると、東京はボールを回し、無理をせずに時間を使う。太田のところに徳永をシフト、加賀を右、チャンヒョンスの投入で守備も安定した。
 MVPは米本、徳永・森重・加賀もよかった。試合後、ルーカスの子供(らしき者)たちは嬉しそうだった。
 これで3勝4敗。横浜・大宮ははるか上だが、ACL組の疲れにも乗じ、上昇へのきっかけにしたいところ。

|

« C大阪 2-1 東京(ナビスコ) 仙台2-1東京 負ける理由は分かった | Main | 東京 2-0 川崎 相手は中村を欠いた。もっと点が取れた(4月27日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/57211973

Listed below are links to weblogs that reference 東京 3-1 名古屋 審判対策の勝利:

« C大阪 2-1 東京(ナビスコ) 仙台2-1東京 負ける理由は分かった | Main | 東京 2-0 川崎 相手は中村を欠いた。もっと点が取れた(4月27日) »