« C大阪 1-0 東京 早くも課題(3月16日) | Main | 横浜M 3-2 東京 言葉にならない(3月30日) »

March 23, 2013

東京 0-0 鳥栖(ナビスコ) 書きそびれ(3月20日)

 駒沢での試合。前半は向かい風で、ロングスローが脅威に。鳥栖はミドルもばんばん打ってきた。流れが悪いが何とかしのぐ。しかも、西村主審が米本への後ろからのチャージにカードを出さない等、激しいと危険とが違うんじゃないかという判定。まあ、ワールドカップ以降衰えてきたのではないかと思う。そんな訳で忠成も孤立。

 後半は東京が風上に立ち、三田の攻撃参加が増えたが、シュートはバーを叩き、得点には至らず。平山・大竹を投入して大歓声だが実らず。試合後に足の痛みを訴えていた米本が心配。攻撃陣は豊富だが、ボランチの控えはそんなにいないし。

|

« C大阪 1-0 東京 早くも課題(3月16日) | Main | 横浜M 3-2 東京 言葉にならない(3月30日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/57014121

Listed below are links to weblogs that reference 東京 0-0 鳥栖(ナビスコ) 書きそびれ(3月20日):

« C大阪 1-0 東京 早くも課題(3月16日) | Main | 横浜M 3-2 東京 言葉にならない(3月30日) »