« 東京 0-1 大宮 危機感なくて呆れたわ | Main | 東京 2-1 清水 草民で修正 (9月5日) »

September 02, 2012

東京 3-1 横浜M 表現できる喜び(9月1日)

 東から天気が変わり、二度雨にやられた日であった(窓から吹き込み、ジョギングも一時中止)。
 秋の気配の1830キックオフ。東京は偏頭痛とかで石川を欠き、若干引き気味、3-4-3というよりは5-4-1に近いような布陣でスタート。ピンチも何とかしのぐが、チャンスをシュートに結びつけられない時も。そんな中、思わぬ形での得点。中澤がまさかのパスミス。ルーカスのシュートをGK飯倉がはじくも、詰めてきた草民がうまく決めて先制。飯倉と中澤によるプレゼント。さらに前半の終わり近く。攻撃参加した徳永のクロスをルーカスが決めて2-0に。これは大きかった。

 マリノスは後半から俊輔投入。中町との交代。こいつは「中払2世」として、私が毛嫌いしているので、イエローも含めて、ざまあみろなのであった(一昨年の天皇杯では、東京の選手を削りまくった福岡の選手)。あと、やたら倒れまくるオカマなブラジル人FWも頭にきたな。
 後半はマリノスのペースで、東京はカウンター中心。跳ね返すが前で時間を作れない展開の中、兵頭に決められてしまった。残り25分ほどで1点差というのはしんどい状況。ここで疲れが見える梶山を千真、草民を羽生に交代。ただ、相変わらずルーカスがトップで、千真はサイドに見えた。そして、フリーキックを獲得。ルーカスが後ろを見ていたので、森重に蹴らせるのかと思ったが、自らキック。誰も予想していなかったと思うのだが、ボールはキーパーの逆を付いたのか、右サイドに決まってしまった。これは大きかった。
 あとは時間を使うだけ。羽生が読みのいい前からの守備で決定機を作り、失点の頃は若干疲れていたかのような米本が中盤で再び躍動。大怪我から復帰したこの二人からは、プレーで表現する喜びのようなものが見え、ほろりとさせられたのである。
 最後はルーカスをネマに交代したが、それでも千真ではなく、ネマが中央、ワントップに見えた。
 さて、アーリアがイエローをもらってしまい、またも出場停止。次のリーグ戦では、4バックにして高橋を上げるか、梶山をボランチに下げるのか。まさかの丸山か? その前にナビスコ・天皇杯では権田・高橋を引かれ、若手を使おうにも、怪我人だらけで丸山と林ぐらいしかいないのである。エジミウソンも3週間とかで、困ったものだ。

|

« 東京 0-1 大宮 危機感なくて呆れたわ | Main | 東京 2-1 清水 草民で修正 (9月5日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/55561872

Listed below are links to weblogs that reference 東京 3-1 横浜M 表現できる喜び(9月1日):

« 東京 0-1 大宮 危機感なくて呆れたわ | Main | 東京 2-1 清水 草民で修正 (9月5日) »