« 東京 3-1 横浜M 表現できる喜び(9月1日) | Main | 東京 0-1 横河武蔵野 消えたアーリア »

September 08, 2012

東京 2-1 清水 草民で修正 (9月5日)

 ヤングなでしこや代表戦の裏番組みたいな試合だったが、まあまあの結果が出た。
 キックオフ直後は監督が言うように「眠って」いた。5バックでラインが深くなり、奪取しても「出しどころがなく取られ」の繰り返し。そして、セットプレーから失点。軽くヘッドで合わせてやられたと思ったら、決めたのは徳永だったらしい。
 ここで監督が動き、まずは椋原がサイドハーフまで上がって直後に草民に交代。椋原が悪かったということではないが、ここで丸山を交代させなかったのがポポビッチらしいところか。
 その後、リズムがよくなり、オフサイドぎりぎりで飛び出した石川にパス、クロス、梶山で同点。でも、アウェイゴールの関係で、リードされた状態で前半を終えた。

 このままで180分を終えれば負けだが、アウェイで1点取れば勝ちというスコアでもある。でも、まずは1点ということで攻勢に出るが、なかなか決めきれず。真田コーチの死もあってか、山本海人の集中がすごいのであった。そこで疲れの見える石川をネマに交代。左の丸山の攻撃参加が増えて来る中、その丸山がペナルティエリアで倒され、主審がPKを宣告。これをルーカスが決めてリードを奪う。
 その後梶山を交代。もう1点狙って千真かとも思ったが、守備も含めたバランスとモチベーションを重視してか羽生に。そのまま2-1で終了。
 相手が2-2に追いつくとリードされた状態になるということでいえば、「0.9点リード」みたいな感じだが、まあ悪くない状況。あとは代表とけが人が戻って豊富な戦力を楽しめる秋があることを望む。明日は天皇杯。平山を少しでも見られるような展開になりますように!

|

« 東京 3-1 横浜M 表現できる喜び(9月1日) | Main | 東京 0-1 横河武蔵野 消えたアーリア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/55609634

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-1 清水 草民で修正 (9月5日):

« 東京 3-1 横浜M 表現できる喜び(9月1日) | Main | 東京 0-1 横河武蔵野 消えたアーリア »