« 商標「ソースの二度付けは禁止やで!」に登録審決 | Main | 鹿島 5-1 東京 赦されぬ敗戦(テレビ観戦) »

September 30, 2012

東京 2-1 磐田 先発エジミウソンで勝利(9月29日)

 トーチュー等の予想と違ってトップがエジミウソンでルーカスがサイド。名波が、FC東京最後のパーツはストライカー千真と書いていたが、最後のパーツはエジミウソンなのだろう。
 それにしても前半はひどかった。右サイドライン際に少ない日陰があり、徳永はそこから出るのを嫌がるかの如く、動き出しが遅く、逆サイドからのクロスに菅沼に遅れ、失点の原因となった。もう一人、アーリアも暑い中で動きをセーブしていたのか、攻撃の際には後ろにいて、守備の際には戻りが遅れ、試合に参加していなかった。それらの影響で米本に負担がかかり、そのためかどうかは分からないけれど前半で交代。
 後半は徳永のサイドは日向になって諦めができ、更にときどき日が陰ったのもよかったようだ。また、リードされたということで、アーリアも動くようになったきた。石川へのスルーパスは見事で、クロスを米本と交代のネマがシュート。これをキーパーが弾いたところにエジミウソンが詰めて同点。
 梶山がボランチに下がった上に疲れが出たところ、チャン・ヒョンスをCBに入れて高橋をボランチに。これが当たった。加賀が負傷でチャンが怪我から復帰し、やりくりができるようになったのは大きい。これで中盤が安定。更にケガ明けのエジミウソンを千真に交代。なかなか出場機会に恵まれない千真だが、アーリアからのスルーパスを受けてクロス。これをネマが左足できれいに決めて逆転勝利。

 けっこうホームでの負けが多く、「内容がよくても負けていいのは春先だけだ」と思っていたし、この日も前半の内容には呆れた。さらに、浦和が勝ってしまったので、「アジアは遠くなりにけり」だが、仙台にも陰りが見えるし、最後まで戦えとしかいいようがない。遅ればせながらだが、エジミウソンが得点を量産すること、これが唯一の希望かも。だからこそ、監督も彼を先発で起用したのだろう。

|

« 商標「ソースの二度付けは禁止やで!」に登録審決 | Main | 鹿島 5-1 東京 赦されぬ敗戦(テレビ観戦) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/55782770

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-1 磐田 先発エジミウソンで勝利(9月29日):

« 商標「ソースの二度付けは禁止やで!」に登録審決 | Main | 鹿島 5-1 東京 赦されぬ敗戦(テレビ観戦) »