« 東京 1-1 浦和 延命措置その2(5月26日) | Main | 横浜FM 1-0 東京 真剣勝負vs練習試合 (6月16日) »

May 31, 2012

広州 1-0 東京(5月30日) に思う

 確かに相手が上だったかもしれない。
 少なくとも相手にカネがあるのは確か。
 これは今後の日中関係を暗示しているのかも。人口規模だけでも全く違う。
東京は日本のビッグクラブを目指さなければならず、地方都市のチームに対しては選手層を誇らないといけないだろう。でも、中国のビッグクラブを相手にすると、プロビンチアなのかもしれない。
 もっとも、中国は社会主義の負の遺産を抱えているから、日本のような規律を持つことは当面は難しく、そこに日本のチャンスがあるのはサッカーだけではないだろう。

 ところで、米国がTPPに力を入れているのは、実は農業問題や自由貿易ではないのだという内容のTPP 知財戦争の始まりという書籍が。米国に数兆円単位の損害と莫大な雇用の減少をもたらしている最大の「ガン」は、中国の知的財産権侵害であり、WTOが機能しない今、「中国包囲網」の新たな枠組み作りをしようとしているのだという。

 突飛に思えるかもしれないが、当たっているような気がする。
 では日本は、私は???

 知財も必要だし、あとは移民や観光業を強化して、人口減の悪影響を少なくすることぐらいか。

|

« 東京 1-1 浦和 延命措置その2(5月26日) | Main | 横浜FM 1-0 東京 真剣勝負vs練習試合 (6月16日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/54844998

Listed below are links to weblogs that reference 広州 1-0 東京(5月30日) に思う:

« 東京 1-1 浦和 延命措置その2(5月26日) | Main | 横浜FM 1-0 東京 真剣勝負vs練習試合 (6月16日) »