« March 2012 | Main | May 2012 »

April 22, 2012

仙台 4-0 東京 落とすのはオカネだけでたくさんだ(4月21日)

 チケットにはメイン指定とか書いてあったが、ゴール裏のすぐ脇のことだった。
 試合は仙台が前からプレスをかけてきて、膠着の前半と思いきや、オフサイドトラップをかいくぐられて失点。副審の位置取りが悪くて見えなかったようだが、守備陣が追わなかったのも問題。この点、GKが塩田だったら集中を切らさないような指示が出ていたのではないかと思ってしまうのである。
 後半、確かに消えている時間もあったが、もう少し見たかった大竹を草民に交代。直後に高橋のミスパスからネットを揺らされるが、オフサイドに救われる。反撃を狙って一気にルーカスと谷澤を投入するが、直後にカウンターから失点。その後もカウンターから太田の裏とセットプレーからで失点。監督も退席処分で4-0で終了。ケガから復帰のリャンを投入させる余裕まで与えてしまった。

Continue reading "仙台 4-0 東京 落とすのはオカネだけでたくさんだ(4月21日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2012

東京 3-0 北京国安 大竹、躍動 (4月17日)

 国安アウェイは飛行機が飛ばず、川崎戦アウェイはホーム側で見て、鹿島戦ホームは見ることができなかったので、久しぶりでちゃんと試合が見れるということで、どきどきしていたのだった
 石川のフリーキックに千真が合わせたボールはポストに当たってダメかと思ったら内側に入って先制。
 ゴール裏は、「俺たち、見てるからね。汚いファウルなんかしたら許さないよ。」というスタンスで、ブーイングをかます。先制後は北京がボールを回し、なかなか取れないで不吉な感じもあったが、ボールを前に供給することができないようだった。
 そして前半の半ば以降から米本が奪って、長谷川や大竹が必殺のスルーパスを送るという展開に。守備はチャンヒョンスと森重が安定。しかも終了間際に千真のシュートのこぼれに大竹が詰めていてヘッドで押し込む。これでかなり有利になった。

Continue reading "東京 3-0 北京国安 大竹、躍動 (4月17日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2012

川崎 0-1 東京 ここで浮かれてはいけないのだ(4月7日)

 チケットが取れなくて、ホーム側で感情を殺して見た。というのは大宮のときと同じ。
 前半、相手の矢島が結構脅威。東京もチャンスを作るがオフサイドが多かったか?
 そして、後半の退場劇。あのプレー。やはり注意だけでは済まなかった。あーあ。でも感情を表に出せないのだ。
 その後はしばらく守りの時間。権田がスーパーセーブ。あと、森重が「CBとは何か」ということを全身で表現し、チャンも今野を忘れさせるようなでき。ルーカスと石川がときどきチャンスを作るが0-0は可能かどうかだと思っていた。実は決まるとしたら森重だと、本当に思っていたのである。これホント。
 で、終了間際に高橋がミドルシュート。CKから、遠いホーム側なので、何だか分からなかったのだが、決めたのは森重だった。やはり! 横にいた川崎ファンが、あーあという感じ。ここでも無表情。

Continue reading "川崎 0-1 東京 ここで浮かれてはいけないのだ(4月7日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2012 | Main | May 2012 »