« 東京 3-0 北京国安 大竹、躍動 (4月17日) | Main | 東京 4-2 ブリスベン 緩かったけれど歴史の一歩(5月2日) »

April 22, 2012

仙台 4-0 東京 落とすのはオカネだけでたくさんだ(4月21日)

 チケットにはメイン指定とか書いてあったが、ゴール裏のすぐ脇のことだった。
 試合は仙台が前からプレスをかけてきて、膠着の前半と思いきや、オフサイドトラップをかいくぐられて失点。副審の位置取りが悪くて見えなかったようだが、守備陣が追わなかったのも問題。この点、GKが塩田だったら集中を切らさないような指示が出ていたのではないかと思ってしまうのである。
 後半、確かに消えている時間もあったが、もう少し見たかった大竹を草民に交代。直後に高橋のミスパスからネットを揺らされるが、オフサイドに救われる。反撃を狙って一気にルーカスと谷澤を投入するが、直後にカウンターから失点。その後もカウンターから太田の裏とセットプレーからで失点。監督も退席処分で4-0で終了。ケガから復帰のリャンを投入させる余裕まで与えてしまった。

 やはり、アーリアと梶山のどちらかがいないと、中盤の展開が難しいのかも。その代わりを大竹や草民にも求めたのだろうけれど、難しかった。前からプレスをかけられた場合、どこかで突破をして数的優位を作るのがいいのだと思うのだが、ドリブル突破は皆無だった。そして、代表に選ばれた高橋にパスミス、徳永が攻撃の思い切りを欠いた。途中出場のルーカスと谷澤もチャンスを作れず、石川もシュートを撃てず。むしろ、大量失点はしたものの、森重とチャンのCBは安定していたと思う。いつの日か、チャンが日本代表への壁となりそうな予感も。
 ということで、被災地近い仙台に、カネだけでなく勝ち点まで落としてしまった。どうも今年は、「いい」、「悪い」が交互に来るようだ。選手が入れ替わっているのだから、もう少し何とかして欲しいところ。まあ、次は梶山・アーリアが出てくるだろうから、いい試合で勝たなくてはいけないけれど。
 日本のあるべきサッカーはなでしこ、東京のパスサッカーだと言ったのだが、ひょっとすると仙台プレッシングサッカーみたいなものもあるのかもしれない。赤嶺がケガしたようだし、夏もあれで行けるのかどうかは分からないが…

|

« 東京 3-0 北京国安 大竹、躍動 (4月17日) | Main | 東京 4-2 ブリスベン 緩かったけれど歴史の一歩(5月2日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/54534090

Listed below are links to weblogs that reference 仙台 4-0 東京 落とすのはオカネだけでたくさんだ(4月21日):

« 東京 3-0 北京国安 大竹、躍動 (4月17日) | Main | 東京 4-2 ブリスベン 緩かったけれど歴史の一歩(5月2日) »