« 東京 0-1 広島 決められた | Main | 東京 3-0 北京国安 大竹、躍動 (4月17日) »

April 10, 2012

川崎 0-1 東京 ここで浮かれてはいけないのだ(4月7日)

 チケットが取れなくて、ホーム側で感情を殺して見た。というのは大宮のときと同じ。
 前半、相手の矢島が結構脅威。東京もチャンスを作るがオフサイドが多かったか?
 そして、後半の退場劇。あのプレー。やはり注意だけでは済まなかった。あーあ。でも感情を表に出せないのだ。
 その後はしばらく守りの時間。権田がスーパーセーブ。あと、森重が「CBとは何か」ということを全身で表現し、チャンも今野を忘れさせるようなでき。ルーカスと石川がときどきチャンスを作るが0-0は可能かどうかだと思っていた。実は決まるとしたら森重だと、本当に思っていたのである。これホント。
 で、終了間際に高橋がミドルシュート。CKから、遠いホーム側なので、何だか分からなかったのだが、決めたのは森重だった。やはり! 横にいた川崎ファンが、あーあという感じ。ここでも無表情。

 その後、6分という長いロスタイムをしのいで勝利。いやあ、感情を出さないのには疲れた。
 さて、アーリアには猛省を求めるが、権田・森重・チャン・米本・石川・ルーカスは素晴らしかった。城福時代には、扇谷主審で勝つことはほとんどなかったが、ひょっとすると扇谷は城福の天敵であって、東京の天敵ではなくなったのかもしれない。でも、退場者は出したのだった。
 太田のケガがどんなものかということはあるが、早く梶山に戻ってもらえれば…
でも、一番危険なのは、この勝利に酔いしれて浮かれてしまい、次の鹿島に足をすくわれることなのである。

|

« 東京 0-1 広島 決められた | Main | 東京 3-0 北京国安 大竹、躍動 (4月17日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/54441626

Listed below are links to weblogs that reference 川崎 0-1 東京 ここで浮かれてはいけないのだ(4月7日):

« 東京 0-1 広島 決められた | Main | 東京 3-0 北京国安 大竹、躍動 (4月17日) »