« 郵便会社の「ゆうメール」 商標侵害で差し止め命令 | Main | 大宮 0-1 東京 オレンジの人たちに囲まれて (3月10日) »

March 04, 2012

柏 2-1 東京 (3月3日) 始まったか

 今年は小平にも一度も行っていないし、最近はMXのテレビ番組もあまり見ていないので、元旦以来だった。
 柏は増嶋CB、栗澤ベンチ外。東京は太田とアーリア先発。
 監督の指導通りのパスを出した後の動きに留意する選手、特に梶山が目につく。
 押し込んで椋原がクロスを上げ、クリアも中盤で拾いまくったが、シュートが少ない。ルーカスとアーリアが若干孤立し、谷澤がからめなかったか。
 カウンターからジョルジ・ワグネルのミドルで失点。その後若干落ち着かず、セットプレーをしのいで、森重が相手を跳ね飛ばして前に出るところでPKの判定。それを決められて2点目。取る必要もないものだったような…

 いっぽう、後半は完全に崩して谷澤が倒されたかに見えたが、これにはシミュレーションの判定。これも疑惑。「PKを取った試合にはお返しが多い」という「都市伝説」に「ノーと言いたい西村主審」だったのではないか?
 東京は千真を石川に代えて投入。ルーカスをトップ下、アーリアをサイドに回す。高橋からのクロスを最後はアーリアがヘッドで押し込み1点差。更に羽生を投入してチャンスを作るが、ヘッドと右足を決めきれず。逆にCB陣のミスでピンチも作るが何とか抑える。後半は、前半「頭を使って指導通り」にできていた動き出しが少なくなってきた。やはり、体で覚えて習慣化までには至っていないのだろう。
 1-2で敗戦。
 表彰式では審判にブーイングして、あてつけのように柏の選手たちには拍手のゴール裏。
 さて、すぐにブリスベンの戦いが始まる。「人生最初(で最後? あまり興味がない)のオセアニア」を考えたが、断念。またチャンスがあったら行きたい。
 太田・アーリアの新戦力は早くもチームに馴染んだ。やはり不安なのは今野が抜けたCB。ブリスベンはルーカス・梶山を休ませるようだが、ここ数年できなかった選手層の厚さ、「誰が抜けてもそれなりにやれる」ということを実現できればいいのだが…
 

|

« 郵便会社の「ゆうメール」 商標侵害で差し止め命令 | Main | 大宮 0-1 東京 オレンジの人たちに囲まれて (3月10日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/54135960

Listed below are links to weblogs that reference 柏 2-1 東京 (3月3日) 始まったか:

« 郵便会社の「ゆうメール」 商標侵害で差し止め命令 | Main | 大宮 0-1 東京 オレンジの人たちに囲まれて (3月10日) »