« 柏 2-1 東京 (3月3日) 始まったか | Main | 東京 3-2 名古屋 東京劇場の開幕(3月17日) »

March 11, 2012

大宮 0-1 東京 オレンジの人たちに囲まれて (3月10日)

 ホームのチケットしか入手できず、ホームの座席で静かに観戦。結構立派なナップサックを貰った。
 加賀がいきなりチョンボしたが、これを防いで権田が変身した。
 ただ、その後もチームは押され気味で、特に左サイドの太田の裏を突かれていた。
 でも、松代と化した権田がマウスを死守。オレンジの人たちも「さすが代表」だと驚嘆し、どうやっても点が入らないという感じのムードになってきた。
 両チームともパスを回す攻撃的なサッカーを志しているようだが、チャンスは相手のミスからで、そのチャンスに決めきれないのも同様。そんな前半だった。

 後半開始直後、ハッパをかけたれたのか、徳永がミドルを放って攻撃開始。
 谷澤を石川に交代して、攻勢を強める。そして、ルーカスが中央左、右足でスーパーボレーで先制。
 その後も安定した戦いをするが、追加点と思った石川のシュートはオフサイド。
 梶山が前に上がってから攻撃がスムーズ。アンカーの高橋が奮闘して相手の攻撃の芽を摘む。
 ラファエルが不調か、怖さがなく、森重・加賀が対応。
 加賀は前半パスミスが目に付くも、後半は果敢な攻撃参加を見せる。ポポビッチ監督がどこまで辛抱して使うか?
 こんな中で追加点が取れればと思うが、千真投入も不発。
 終了間際、主審の判定が見えていたのでゴールではないと思ったが、相手長谷川がネットを揺らすも、ハンドでノーゴール。
 権田がかなり前に出て奮闘。ただ、一度相手にミスパスをしたときは、思わず「あっ!」と言ってしまった。後は無言だったのだけれど…
 ということで1点差を守りきった。カウンターサッカーを志す相手だったらやられていただろうし、追加点が取れなかったのも問題だが、結果オーライ。
 大宮は強い。特にカルリーニョスはいい。問題は層の薄さかも。そういえば、昨年ほとんど出番がなかったらしき鈴木ノリオ選手は、今年も大宮にいるのだなあ。

|

« 柏 2-1 東京 (3月3日) 始まったか | Main | 東京 3-2 名古屋 東京劇場の開幕(3月17日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/54198525

Listed below are links to weblogs that reference 大宮 0-1 東京 オレンジの人たちに囲まれて (3月10日):

« 柏 2-1 東京 (3月3日) 始まったか | Main | 東京 3-2 名古屋 東京劇場の開幕(3月17日) »