« 東京 1-0 C大阪 元旦国立の喜び(12月29日) | Main | 郵便会社の「ゆうメール」 商標侵害で差し止め命令 »

January 03, 2012

東京 4-2 京都 集大成と始まり(1月1日)

 友人の好意で国立のチケットを入手。いつもよりは少し早めだが、キックオフ約1時間前に到着。かつての決勝同様、ゴール裏は脱力系お笑い。緊張をほぐすためか?
 試合は東京の攻勢で始まり、ルーカスの惜しいシュートもあったが、先制は京都。中盤で奪ったボール、ドゥトラに二人いったボールがこぼれ、2列目から出てきた中山に決められた。90分内で追いつけばいいやと考えることにしたが、2分後には追いつくことができたのが大きかった。ショートコーナーから今野のヘッドは強烈ではなかったが、DFがクリアできないところに吸い込まれたのだった。
 その後、どっちもどっちだったが、フリーキック、石川がつついたボールを森重が無回転ミドルで叩き込む。何でも止まったボールは無回転で蹴れないそうで、そんなことは初めて知ったのだった。
 更に、相手のゴールキックを跳ね返したボールにルーカスが抜け出して加点。これで主導権を取ることができた。ルーカスはここのところボールが収まるようになり、大きな戦力となった。
 後半、相手はエース久保と駒井を投入して攻勢に出るが、東京はうまく時間を使い、カウンターでチャンスを作る。それまでミスが多かった椋原のクロスにルーカスが加点。これで決まった。
 と思いつつも、コーナーから久保に決められると、やはりひやひやした。あとは絶好調の鈴木達也を投入し、意外にもセザー、締めはこれも好調の北斗でしのぎきった。
 正直、京都が一番強かった。来期の昇格候補No1だが、昨年の東京と同様、J2の厳しい戦いになるだろう。神戸・浦和・セレッソとも、調子が今ひとつ、J1の中堅という感じで、「リアルJ1」という感じではなかった。ガンバを水戸、マリノス(名古屋に勝利)を京都が下してくれたおかげともいえる。でも、後ろにいた現役高校生の選手たちも「J2もすげーな」と言っていたとおり、いい内容の決勝だったと思う。

 さて、現時点では今野ガンバ、鈴木達也徳島、ノース札幌、柳楽鳥取、坂田福岡という説がある。いっぽうで横浜から長谷川・渡辺、磐田から加賀という話もあり、梶山のバックアップとCBの補強に力を入れているのだろう。
 新監督のもと、アジアでの戦いと、まずは残留、できれば上位争いと、今年もはらはらする1年になりそうだ。アジアのアウェイに1度は行きたい。

|

« 東京 1-0 C大阪 元旦国立の喜び(12月29日) | Main | 郵便会社の「ゆうメール」 商標侵害で差し止め命令 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/53642083

Listed below are links to weblogs that reference 東京 4-2 京都 集大成と始まり(1月1日):

« 東京 1-0 C大阪 元旦国立の喜び(12月29日) | Main | 郵便会社の「ゆうメール」 商標侵害で差し止め命令 »