« ちょっとした数字 | Main | 東京 1-0 C大阪 元旦国立の喜び(12月29日) »

December 25, 2011

東京 1-0 浦和 戦いはこれからだ(12月24日)

 事情により熊谷1311着の新幹線からタクシーで競技場に着いたら、「バモス東京」が聞こえていて、相手方は静かな様子。会場に入れば1-0でリード。石川のいいゴールだったとのこと。よくパスが回り、相手は攻撃を組み立てられずに前半終了。後半の最初も追加点を狙う勢いだったが、徐々に流れが悪くなり、セザーを羽生に代えたらもっと悪くなり、防戦一方に近くなる。でも、相手のシュートも怖いのはなく、だんだん膠着状態に。石川に代えて草民、谷澤に鈴木達也と、延長を想定しない交代で逃げ切る。高橋はボールを持つと危ないときもあったが、サイドまで相手を追ってクリアするプレーでチーム全体を助けていた。

 2年連続ベスト4というのはそれなりに好成績だが、悪いけれどようやく「ホンモノのJ1」とやれるという感じ。浦和は小粒な感じで、J1.5といわざるを得なかった。帰りに次の試合のチケットを買い、社長様と握手したが、29日に長居というのは交通的には最悪。まあ、それも楽しもう。

|

« ちょっとした数字 | Main | 東京 1-0 C大阪 元旦国立の喜び(12月29日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/53570212

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-0 浦和 戦いはこれからだ(12月24日):

« ちょっとした数字 | Main | 東京 1-0 C大阪 元旦国立の喜び(12月29日) »