« 東京 0-0 栃木 停滞から抜け出すには?(9月4日) | Main | 競争と公平感―市場経済の本当のメリット (中公新書) 大竹 文雄 (著) »

September 11, 2011

東京 6-1 京都 躍動した椋原(9月10日)

 飛田給から裏道を歩いていたら、チャリに乗った成光とすれ違った。声をかける間もなかった。
 さて、試合は京都のプレスで始まり、谷澤が奪われて、カウンターからあっという間に失点。東京はルーカスでも中盤でも収まらず、苦悩の立ち上がり。そんな中で羽生の動きや強烈なシュートでペースが戻ってくる。
 草民の果敢なクロスに合わせたのはルーカス。当てるのがやっとだったが、ちょうどGKのタイミングをずらして同点。そして椋原の逆転弾。初の左サイド、左足を不安視されていたが、カウンターから抜け出し、切り替えして右足で右上角に決めた。ムードが一変し、東京ペースで前半を終える。

 後半の初めも京都がプレスをかけてくるのかとも思ったが、キッキオフから数分後のコーナーキック。森重がフリーでどんぴしゃのヘッド。これが効いた。後半になると、ルーカスのところの収まりも改善し、中盤のパスも回るようになってきた。今野を中心とした守備も安定し、特に草民が守備に攻撃に奮闘して流れを作る。縦へのチャレンジが増えたことも大きい。そんな中、森重が意表をついて縦へ入れ、ルーカスがDFをかわし、ループ気味で流し込んで4点目。その後、負傷した秋本と交代したアライールが交代出場で得点を狙って飛び出した石川を後ろから倒して赤。これで勝負は完全に決まった。その後、「ボーナス」ともいえるようなルーカスのフリーキックと、石川の突破にさわるだけの交代出場の坂田の初得点で、終わってみれば6-1。ここではさんざんルーカスをけなしていたけれど、結果を出したなという感じ。試合後には、子供を誘導する小池に遭遇。いい選手だったよね。
 さて、少しずつ攻撃の選択肢は増えてきたようで、それに椋原の時にFWのように躍動する攻撃参加が効いた。でも、中盤も守備もまだまだ危なっかしいような感じ。石川や坂田にメドがつきつつあるような感じだが、永里・上里がまだだ。セザー・高松あたりはそろそろなのだろうか?
 千葉、徳島が引き分けというのも好都合だったが、不気味なのは札幌だろう。

|

« 東京 0-0 栃木 停滞から抜け出すには?(9月4日) | Main | 競争と公平感―市場経済の本当のメリット (中公新書) 大竹 文雄 (著) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/52701906

Listed below are links to weblogs that reference 東京 6-1 京都 躍動した椋原(9月10日):

« 東京 0-0 栃木 停滞から抜け出すには?(9月4日) | Main | 競争と公平感―市場経済の本当のメリット (中公新書) 大竹 文雄 (著) »