« 東京 1-0 草津 ピンチはなかったか? (8月13日) | Main | 栃木 2-1 東京 選択肢が少ない攻撃 (8月21日) »

August 15, 2011

いまさら松田と韓国戦

 松田直樹については、数年前に味スタ(?)で、土肥ちゃんの頭上を破るループシュート(2006年ナビスコ)が未だに記憶にある程度。確かにこの春の東京と松本山雅とのチャリティーマッチにもいたようだが、すまん、あまり記憶にない。
 本当はこの秋、昇格を決めて姿を現す予定だったのに、こんな形で露出してというのはあまりに不本意だろう。だからこそ、山雅には昇格を決め、もう一度、松田の姿をメディアに出しまくってもらいたいものだ。それが供養というものかもしれない。
 今になって思うのは、ジーコの時代、松田を外して宮本を入れたから、能力的に中沢の相棒が1人ではなく2人必要(スリーバック)になったのだよ。松田を入れて茂庭を控えに最初からしておけばCB二人で戦えたのに… なんて、意味のない話だ。

 さて、韓国戦、3-0には驚いた。確かに相手に元気がなかったようで、韓国では屈辱に震える人たちがいるのかもしれない。でも、フジテレビにつべこべ言う「嫌韓派」だったら、翌日一面に3-0を出さなかったスポーツ新聞でも糾弾するのかと思ったが、新聞にはもう力がないから関係ないのだろうか? ちょっと拍子抜けした。
 でも、日韓のサッカーファンとも、それなりに成熟したよね。少なくとも中国の選手とは違う親近感を感じることもある。Jの経験者も多いからだろうか? それがスポーツともいえるだろう。

|

« 東京 1-0 草津 ピンチはなかったか? (8月13日) | Main | 栃木 2-1 東京 選択肢が少ない攻撃 (8月21日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/52482748

Listed below are links to weblogs that reference いまさら松田と韓国戦:

« 東京 1-0 草津 ピンチはなかったか? (8月13日) | Main | 栃木 2-1 東京 選択肢が少ない攻撃 (8月21日) »