« いまさら松田と韓国戦 | Main | 富山 1-0 東京 何も言うことなし(って言ってるじゃないか) (8月28日) »

August 22, 2011

栃木 2-1 東京 選択肢が少ない攻撃 (8月21日)

 タイトル通り、ひとことでふり返れそうだ。前半、格の違いを見せつけかけたところで梶山のミスでひやり。直後に高橋が同様のミスをすると、さすがに許してくれない。中盤で奪われて失点。せっかくセザーよりもポストプレーがましなルーカスがワントップなのだから、たまにはロングフィードもあるのだとか、徳永や北斗は前半から行くときもあるのだとか、ドリブル・ミドルシュートも含めた選択肢の広さを見せつけておかないと、ヤマかけに近いようなプレーでボールをかっさらわれがちなのである。
 ピッチの悪さには閉口したし、梶山はつらかったと思うが、無理をしすぎていた。やはりホベルトのような試合を読める手本がいないことも大きいと思う。ルーカスは確かにトップより1.5列目のほうがいいのかもしれないが、あまり合ってなかったし、ちょっと老けたかな? こうやって来期上がっても辛そうなところが見えてくるようだと、それも辛いことでもあるかもしれない。よく分からぬ2失点目の後、鈴木達也の「焼け石に水」があったが、負けは動かない。何だか昨年の後半のような試合展開。
 次は谷澤が出場停止で、セザーが戻れればいいのだが、大竹もいないので、新戦力に期待するしかない。その次は今野がいないらしいが、栃木相手に熊谷で、これは不安である。徳永を中へ入れて、椋原か北斗が右で、北斗が阿部が左だろうか?

 さて、宇都宮駅東口は操車場跡地のような感じの広い空間があり、餃子の店が出ている。シャトルバスが無料で、しかも顧客対応素晴らしく、感謝。でも、一泊するところではないな。

|

« いまさら松田と韓国戦 | Main | 富山 1-0 東京 何も言うことなし(って言ってるじゃないか) (8月28日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/52540756

Listed below are links to weblogs that reference 栃木 2-1 東京 選択肢が少ない攻撃 (8月21日):

« いまさら松田と韓国戦 | Main | 富山 1-0 東京 何も言うことなし(って言ってるじゃないか) (8月28日) »