« June 2011 | Main | August 2011 »

July 31, 2011

北九州 1-0 東京 行けなかった(7月30日)

 どう計算しても後半まで間に合わないので断念した北九州」。某所でテレビ観戦。
 前半押し込んで行き、PKを獲得したが梶山が止められる。今後は、外すまでは自己主張の激しいセザーに蹴らせてもいいのではないかと思うが、まあこういうこともある。問題は前半の終わりのほうで足が止まったこと。相手に「行ける」と思わせてしまった。

Continue reading "北九州 1-0 東京 行けなかった(7月30日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2011

吉田戦車「逃避めし」

逃避めし

 書籍になってから買ったが、元のここを現在進行形で見たかったものだ。

Continue reading "吉田戦車「逃避めし」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2011

東京 5-0 熊本 更なる競争を(7月24日)

 国立の売店は「ヴ仕様」なのか、ともかく遅い上に品切れまで起こしたようだ。ここでのろのろ働く若者を見ていると、日本の将来を案じたくなるほどだ。まあ、競争なき世界はやっぱりダメだということなのだろう。それにしても、味スタよりも酷いとは全く困ったものだ。
 さて、試合はチャンスをセザーあたりが決めきれない、いつものもどかしい流れ。高さがあり、不気味な熊本。しかし、PKで一変。二列目から突っ込んだのは、梶山かと思っていたら谷澤。見事な動きに遅れた根占。イングランド人のレフリーの判定は「赤」。ちょっと驚いたがこれをセザーが決めて先制し、相手は10人に。これで「負けはない」感じに。レフリーは結構接触を取るようだったが、小さい日本人に合わせたのだろうか?
 後半の最初は、副審がオフサイドの旗を出すが、主審が認めず、果敢に攻撃参加した今野のクロスに羽生が決める。羽生は、セットプレーのときに、残っている相手の最後の一人を自陣に下げさせるような動きをして、カウンターのリスクを皆無にしてしまう等、ともかく動きの質が高い。
 熊本は選手を交代するが流れは変わらない。ただ、森重がポジショニングのミスからファウル、イエローを取られたのは残念。でも、再び谷澤が突破してPKを獲得。元柏のチームメイトがGKだったので不安だったが、これを決めてみそぎの土下座のパフォーマンス。谷澤・羽生・草民がいい化学反応をしてきたようだ。
 東京は更に攻撃の手を緩めず、徳永のミドル、ルーカスの見事なトラップからの流し込みで5点を取って快勝。柳楽を初出場させる余裕もあった。

Continue reading "東京 5-0 熊本 更なる競争を(7月24日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2011

「米団体マークにそっくり=消費者庁、シンボル修正へ」報道を斬る

 官庁が悪者だとニュースになるが、真相がそうではないと、きっとニュース価値がないという一例なのかもしれない。このニュースの価値をなくしてみせよう。いや、それでも面白いといってもらえれば幸い。

時事通信 2011/07/13-19:16
<抜粋>
 福嶋浩彦長官は「似ているのは間違いない」とした上で、シンボルマークを修正する方針を明らかにした。
 同庁によると、シンボルマークは東京都在住のデザイナーが作製。特許庁に確認し、商標登録されていないとの回答を得たため、4月1日から使用していたという。
 7月6日にOCLCからファクスで連絡があり、同庁は対応を協議。デザイナーが盗作を否定したため、シンボルマークを手直しすることを決めた。

 記事にあったマークはこちら。著作権法で認められている引用の範囲だと思うので掲載。


Photo_3


Continue reading "「米団体マークにそっくり=消費者庁、シンボル修正へ」報道を斬る"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2011

東京 4-0 岐阜 地味すぎる首位 (7月17日)

 なでしこ世界一、森孝慈さん死去、ブラジルPK4人失敗で敗退、開催国アルゼンチンも、マリノス5年ぶり首位、まだ何かあるかもしれないが、様々なニュースにかき消されるような地味すぎる首位。でも、J2から1年で戻るためには、これでいいのかもしれない。試合は前半から一方的な攻勢。岐阜は守備ブロックを作っているが、結構縦のボールが入る。セットプレーでは高橋がフリーになるが、ヘッドは上へ。
 右サイドの徳永のパスミスからピンチを招き、「こいつはいつもちんたらしている。」と怒っていたら、中盤でボールをカットして前へ。草民からボールを受けるとなぜか左サイドを抜け出し、GKと一対一になり、これを決める。もっと遅いと思っていたが前半22分の先制。

Continue reading "東京 4-0 岐阜 地味すぎる首位 (7月17日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2011

大分 0-0 東京 続けるしかないのだろう(7月9日)

 都内某所でテレビ観戦。
 大分は鳥取と同じような感じだった。テレビだからDFラインとかよく分からないけれど、どん引きの印象。3-4-3ではなく5-4-1だったのだろう。
 前半ボールをまわしてかなり相手を疲れさせたようだが、後半も、ついに決め切れなかった。もう少しコンビネーションプレーがあるといいと思うけれど、シュートのうまい石川やルーカスが今後のオプションとなるのであろう。なでしこの丸山さんのようなシュートが決まればいいのだけれど…

Continue reading "大分 0-0 東京 続けるしかないのだろう(7月9日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2011

モンシュシュ事件のダメ報道たちよ!

 また、報道機関のダメぶりを見せつけられた。
 本件は、原告ゴンチャロフ社の菓子に関する登録商標「MONCHOUCHOU\モンシュシュ(チョコレートに使用)」に対して、被告モンシュシュ社が洋菓子の包装や看板に「Mon\ chouchou」「モン シュシュ」等の表示をすることが、商標権侵害かどうかということである。6月30日の判決が、本日裁判所のサイトにアップされた。昔を考えれば早いといえなくもないが…
別紙1」には、被告の使用しているものの画像もある。
 一つには、被告は、原告のような一般流通ルートに流れる商品の販売と異なり、主に自分の店で「洋菓子の小売」という事業を行っていて、それが「洋菓子」という商品に関する商標権の侵害となるかという点もある。この点については始めての判断だと思うが、裁判所はこの関係は侵害だと判断している。また、この商標を包装等にも表示しているから、「洋菓子」という商品を販売することにも使用しているとも認定している。
 また、被告の商号は「株式会社モンシュシュ」だが、被告の表示は、自己のよく知られた略称の表示とはいえず、商標権の効力の範囲内であると判断しているのである。
 さらに、損害賠償については、原告はライセンス相場を考慮して、被告売上の2%だと主張したが、被告は「堂島ロール」で広く知られていて、「モン シュシュ」で選ばれているケースは少ないから、売上の0.3%として3,500万円の損害賠償を認めたのである。

Continue reading "モンシュシュ事件のダメ報道たちよ!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2011

東京 3-0 鳥取 98年パターン(7月2日)

 前半は0-0、後半先制、ときに加点。連勝を重ねて最後に逆転優勝した98年後半のような戦い。当時は怪我から復帰のアマラオを、スーパーサブに使っていた。現在は石川・大竹あたりがその役割を担い切れてはいないが、ボールを動かして相手を疲れさせるサッカーができてきているようだ。

Continue reading "東京 3-0 鳥取 98年パターン(7月2日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2011

デーブ・スペクター氏の商標

 ツイッターでの活躍が目立つデーブ・スペクター氏。以下の商品・役務(サービス)に関する商標の出願で、本人出願(代理人なし)。
 第9類 業務用テレビゲーム機,家庭用テレビゲームおもちゃ,携帯用液晶画面ゲームおもちゃ用のプログラムを記憶させた電子回路及びCD-ROM,映写フィルム,スライドフィルム,インターネットを利用して受信し、及び保存することができる画像ファイル,録画済みビデオディスク及びビデオテープ,電子出版物
 第16類 活字,紙製のぼり,紙製旗,紙類,文房具類,印刷物,書画,写真
 第35類 広告,商品の販売に関する情報の提供
 第38類 電気通信(放送を除く。),放送,報道をする者に対するニュースの供給

Continue reading "デーブ・スペクター氏の商標"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2011

岡山 0-2 東京 それでも負けない戦い(6月29日)

 岡山には2006年に天皇杯の負け試合を見に行ったのであるが、当時はJのチームがなかったことを考えると、感慨深いものがある。よく短期間でJ2まで。でも、J2で出会いたくはなかったな。当時は桃太郎スタジアムだった。でも、今回は、とあるバーで見たのである。

Continue reading "岡山 0-2 東京 それでも負けない戦い(6月29日)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »