« 「米団体マークにそっくり=消費者庁、シンボル修正へ」報道を斬る | Main | 吉田戦車「逃避めし」 »

July 26, 2011

東京 5-0 熊本 更なる競争を(7月24日)

 国立の売店は「ヴ仕様」なのか、ともかく遅い上に品切れまで起こしたようだ。ここでのろのろ働く若者を見ていると、日本の将来を案じたくなるほどだ。まあ、競争なき世界はやっぱりダメだということなのだろう。それにしても、味スタよりも酷いとは全く困ったものだ。
 さて、試合はチャンスをセザーあたりが決めきれない、いつものもどかしい流れ。高さがあり、不気味な熊本。しかし、PKで一変。二列目から突っ込んだのは、梶山かと思っていたら谷澤。見事な動きに遅れた根占。イングランド人のレフリーの判定は「赤」。ちょっと驚いたがこれをセザーが決めて先制し、相手は10人に。これで「負けはない」感じに。レフリーは結構接触を取るようだったが、小さい日本人に合わせたのだろうか?
 後半の最初は、副審がオフサイドの旗を出すが、主審が認めず、果敢に攻撃参加した今野のクロスに羽生が決める。羽生は、セットプレーのときに、残っている相手の最後の一人を自陣に下げさせるような動きをして、カウンターのリスクを皆無にしてしまう等、ともかく動きの質が高い。
 熊本は選手を交代するが流れは変わらない。ただ、森重がポジショニングのミスからファウル、イエローを取られたのは残念。でも、再び谷澤が突破してPKを獲得。元柏のチームメイトがGKだったので不安だったが、これを決めてみそぎの土下座のパフォーマンス。谷澤・羽生・草民がいい化学反応をしてきたようだ。
 東京は更に攻撃の手を緩めず、徳永のミドル、ルーカスの見事なトラップからの流し込みで5点を取って快勝。柳楽を初出場させる余裕もあった。

 相手が10人であることを考慮しても、ここ数試合でチームの形ができつつある。だが、ここに大竹、石川あたりがライバルとして名乗り出なければ、長いシーズンを乗り切ることはできないかもしれない。相手も研究してくるが、ある程度はパスサッカーで切り開けるようになってきた。ここにサイドからの突破が加わると、攻撃のバリエーションはもっと広がって来るのだろう。そんな選択肢の多いサッカーができるようになれば、昇格後のことも少しは考えられそうだ。
 ところでGK、これだけ無失点だと、しばらくは塩田で行くんだろうね。ここも競争だ。

|

« 「米団体マークにそっくり=消費者庁、シンボル修正へ」報道を斬る | Main | 吉田戦車「逃避めし」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/52316016

Listed below are links to weblogs that reference 東京 5-0 熊本 更なる競争を(7月24日):

« 「米団体マークにそっくり=消費者庁、シンボル修正へ」報道を斬る | Main | 吉田戦車「逃避めし」 »