« 京都 1-4 東京 一気に薄くなった選手層だけど(5月28日) | Main | 熊本 0-1 東京 やればできる »

June 05, 2011

東京 1-1 愛媛 オーストラリア代表CBが途中交代する2部リーグ

 ノース、初先発も、途中交代のほろ苦い結果に。
 正直、エルゴラッソだったかの森重のインタビューを読んでいると、日豪のサッカーの違いか、なかなか馴染めていないようで、不安な感じがした。
 実際に見てみると、特に攻撃が始まったとき、DFラインでボールをまわしても、彼はもう少し後ろにいて、パス交換に参加できないのであった。特に森重はパスの対象として考えていないかの様子。
 ということで、内容としても、キックオフからよくなかったけれど、高橋の浮き玉を草民がダイレクトボレーで見事に叩き込んで先制。
 しかし、その後がよくなかった。その前の攻撃参加でボールを軽々と斎藤に奪われた徳永だったが、今度はまずいポジショニングから斎藤をひっかけてイエロー。最初は誘うためにわざと悪いポジションしてたかと思ったが、何のことはない、最初の一歩目が遅いだけ。要するに、ぼーっとしているのであった。その怖いフリーキックは決められなかったけれど、徐々に流れが悪くなってきた。その後、森重もゴールラインを割ると思ったボールを、相手に食いつかれるというケアレスミス。茂庭が同じミスを確か駒沢で一度やっているけれど、あのときと違って得点にはつながらなかった。でも、徳永や森重が代表候補といわれながら、こんな温いプレーをしていたら、まあ、選ばれないまま引退だな。と、リードしながらも腹立たしく前半が終了した。リードしているが、ブーイングにふさわしい前半ではなかったか?

 後半もDFラインが下がり、高橋がそれに追われるので梶山も低い位置となって、そこからのミスパス供給で相手の攻撃に油を注いだようだ。失点は、森重が渾身のタックルで止めたボールだったが、相手石井の足元に入り、ループを決められる。
 大竹は若干体調不良ということもあってか、谷澤に交代していて、更に草民を石川に交代するが、それもからまわり。ついにノースを椋原に交代して、徳永をCBに移さざるを得なくなった。谷澤も機能せず、中央でこねることが多かった。
 このまま1-1で終了したが、負けなくてよかったという内容。相手に読まれ、交代選手も機能せず。
 オーストラリア代表、それも途中交代の少ないCBを、後半の半ばに交代させる2部リーグは、いかにレベルが高いのかと思わないでもないのだが、本当に「サッカー文化」が違うようである。今後のノース起用が難しくなってきた。京都戦では「もっと早く出せ」と書いたけれど、事情はこんなところなのか、でも、慣れてくれないと困るし、このままだと、平松や吉本が復帰したら、そっちを使うほうがましだと思う。オーストラリア現役代表なのに…
 攻撃陣もセザーが機能しないなど、相手のスカウティングが厳しくなってくる。だからこそ、パスの出し先が複数ある上にドリブルやシュートも、たまには放り込みもあるような、選択肢が多くなるサッカーへと近づいて欲しいのである。そろそろ「ムービングフットボール(パスサッカー)」だけでは、J1はもちろん、J2でも通用しないことが分かってきた。

|

« 京都 1-4 東京 一気に薄くなった選手層だけど(5月28日) | Main | 熊本 0-1 東京 やればできる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/51863636

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-1 愛媛 オーストラリア代表CBが途中交代する2部リーグ:

« 京都 1-4 東京 一気に薄くなった選手層だけど(5月28日) | Main | 熊本 0-1 東京 やればできる »