« 東京 1-1 愛媛 オーストラリア代表CBが途中交代する2部リーグ | Main | 東京 1-0 徳島 13年ぶりのホーム (6月19日) »

June 12, 2011

熊本 0-1 東京 やればできる

 豪雨、避難勧告で中止かと思っていたが、予定通り。豪雨ながらのピッチは極めて良好な感じ。素晴らしい。
 雨になると技術差が出るのか、東京の支配率が高い。クロスボールのこぼれをセザーがダイレクトに決めて先制した1点を守りきった。その後、徳永や北斗(国見か!)、高橋のミスで決定機を作られるが、森重や権田の攻守で守りきる。

 磐石とはいえず、ああいうピンチの数が増えたら失点したかもしれないし、石川のチャンスメークのようなものが複数回あれば、もう1点取れていたかも。
 大竹を外して谷澤を起用したのは正解だったようだ。今後も激しいレギュラー争いが続くのはいいことだ。気になるのはオーストラリ代表をベンチにも入れなかったこと。若干の体調不良もあるようだが、日本のサッカーへの適応の遅れもあるのだと思う。ところで、次は塩田スタメン?
 追記。某所でテレビで見たのだが、東京の支配率が2/3ぐらい、勝率60%、引き分け30%、まさかの負け10%というような内容だったといえるのではないだろうか? 2点目が先に入れば90-7-3ぐらいになるのだろう。

|

« 東京 1-1 愛媛 オーストラリア代表CBが途中交代する2部リーグ | Main | 東京 1-0 徳島 13年ぶりのホーム (6月19日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/51928532

Listed below are links to weblogs that reference 熊本 0-1 東京 やればできる:

« 東京 1-1 愛媛 オーストラリア代表CBが途中交代する2部リーグ | Main | 東京 1-0 徳島 13年ぶりのホーム (6月19日) »