« 東京 1-0 富山 得点2で勝ち点8、失点3で1敗(5月8日) | Main | 博多織訴訟、日本和装の先進的すぎる(?)取組 »

May 14, 2011

草津 2-1 東京 歴史に泥を塗るゲーム、また

 といいつつ、後半しか見ていないし、ゴール真裏の芝生席でなんだかよく分からなかったのだが、夢も希望も持てない試合。守備が不安な両サイドバック、展開ができないボランチ、味方に意図が何も伝わらない10番。すべてがちぐはぐ。

 監督を変えるのもいいかもしれないが、徳永と梶山が能力を勝負に使わない限り、誰が監督をやっても暗黒の歴史は続くだろう。もはやこの二人は主力でないと思うのである。平山や米本に対して言い訳のできないゲーム。
 現実論としては、高松が負傷したようなので、ノースをCBに入れて5-4-1のどん引きディフェンスでどうだろう。弱者の戦術である。羽生と上里の中央は守備のリスクがあるけれど、3CBならいいだろうし、どん引きして前のスペースを開け、セザーをワントップにすれば特徴が生きるかもしれない。両サイドは谷澤と大竹でも使って、梶山はベンチ。この監督でこの戦術ならいけるかもしれない、と、ぷっつんと切れているのである。

|

« 東京 1-0 富山 得点2で勝ち点8、失点3で1敗(5月8日) | Main | 博多織訴訟、日本和装の先進的すぎる(?)取組 »

Comments

コメントありがとうございます。あのセンスから得点が生まれれば最高ですし、歴代の監督はそれを信じて我慢しているのだと思うのですが…

Posted by: Mendoza | May 15, 2011 at 05:57 PM

全く同感です。 特に梶山に関しては数年前から
中盤での不用意なパスミス、守備のさぼり、気迫が表面に出ない性格などチームにマイナスと考えていましたが
ゴール裏はなぜか彼に甘い扱いをしているように感じます。実際彼のプレーに不満を言うと横から批判された事も何度かあります。私は少数派らしく最近はゴール裏からバクスタに席を変えました。

Posted by: moskvich | May 15, 2011 at 09:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/51670388

Listed below are links to weblogs that reference 草津 2-1 東京 歴史に泥を塗るゲーム、また:

« 東京 1-0 富山 得点2で勝ち点8、失点3で1敗(5月8日) | Main | 博多織訴訟、日本和装の先進的すぎる(?)取組 »