« やっぱり来た商標「ヤシマ作戦」 | Main | 草津 2-1 東京 歴史に泥を塗るゲーム、また »

May 09, 2011

東京 1-0 富山 得点2で勝ち点8、失点3で1敗(5月8日)

 千葉戦以来だったが、内容はこれまで聞いた通り。チャンスは作るが、最後のところで決定的なものとならないことが多かった。初スタメンの上里は最初引っ込み気味だったが、だんだんと調子が出てきたようだ。他の選手と話し合いをしていて、まだコンビは合っていないようだった。上里以外にも中村北斗や鈴木達也にイージーミスがあり、カウンターからピンチを招くときもあった。
 そんな煮えきれない前半、試合は膠着したまま後半へ。
 と書いたが、中村北斗・鈴木達也がかき回したおかげもあり、また、富山に負傷交代が続出、しかも一人は交代出場選手の交代ということもあって、だんだんと疲れが出てきたようだった。谷澤・羽生を投入すると、その効果が出た。羽生の動きがゴール前でのフリーを作り出し、谷澤からのパスを受けて得点となった。

 試合はそのまま1-0で終了。
 これで5試合で2勝2分1敗の勝ち点8、7位だが、得点2で失点3。全ての得点が決勝点で、負けは大敗1つだけということになった。
 次からセザーが復帰するものの、PJはまたケガなのだろうか? ベテラン高松はあまりフル出場させずに、大きな負担をかけないようにすることが必要だと思う。
 さて、得点につなげるためには、羽生のような意表をつく動きとか、谷澤や石川のような突破とか、何か一工夫がいるのである。梶山のパスやフェイントは、味方をも騙してしまうので、自らシュートを打たない限り、効果がないようである。
 試合を通じて高松・羽生にスピリッツを感じ、森重は疲れるまではボランチにいて、徳永を下げたほうがいいような感じがした。森重を上げてノースを入れるのもありか? 上里はもう少し辛抱して使うと、かつての宮沢のような仕事ができそうな気がする。梶山はオプションとしては面白いが、主力としてはリスクが大きすぎるのではないかと思った。
 とまあ、そんなこんなで、来週は若干遅刻ながらも群馬に行ってしまうのである。

|

« やっぱり来た商標「ヤシマ作戦」 | Main | 草津 2-1 東京 歴史に泥を塗るゲーム、また »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/51628622

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-0 富山 得点2で勝ち点8、失点3で1敗(5月8日):

« やっぱり来た商標「ヤシマ作戦」 | Main | 草津 2-1 東京 歴史に泥を塗るゲーム、また »