« パソコンに罵声を浴びせる日々 | Main | やっぱり来た商標「ヤシマ作戦」 »

April 24, 2011

千葉 3-0 東京 いろいろ見えた

 「オーロイ大作戦」に対し、森重が競って周りが拾うことで、前半は凌いでいたが、すっかりキレの戻っていた米本が負傷。後半からセザーを投入するが、噛み合わず。おそらく90分予定していないかった高松を大竹に代えたが、これが敗因だったと思う。千葉のミリガンがロングスローに行くと、高松が守備に帰っていたのだが、失点シーンでは森重とオーロイが完全に一対一になっていたからである。徳永や梶山が挟み込むというのでは無理だったのだろう。あそこは高さのあるノースを入れたいところだが、今野か森重をボランチに上げるというのは、コンビネーションに不安があったのかもしれない。試合の流れを見ると、高松を90分持たせたかったが、それで怪我でもされたら大変だ。だから守備のリスクを犯した交代だったのかもしれない。でも、その後、今野を前線に上げるが功を奏さず、逆にカウンターから2失点。

 収穫としては高松が役割を果たしたこと。さすが元代表で、キープ力や周囲を使う力は平山以上だと感じるときもあった。森重も失点シーン以外は奮闘していたと思う。いっぽうで、攻撃陣は谷沢はシュートをはずしまくり、梶山もしまりがなかった。大竹は存在感がなく、羽生は飛び出しても使ってもらえず。セザーはまだなじんでいない。椋原も、クリアのキックのモーションが大きく、狙われていたような感じ。
 ということで、「オーロイ頼み」に、「選手層が厚いがエース平山を欠くチーム」が屈した。考えてみれば、石川・ホベルト・ペドロジュニオールも欠場で、新加入選手のコンビネーションがバラバラ、試合をしながらチームを作るのだろうけれど、チームとしての求心力が失われないか、この点が心配。最近オフィシャルで、ここらの選手のケガの状況が伝わってこないのが残念。
 問題はボランチ。米本のケガの状態によっては、ノースを使って今野を上げる、梶山を下げる、上里を使う、ホベルトさえいればなんてことを考えないといけないだろうし、けが人が戻ってくれば特に攻撃のオプションは豊富だけれど、ある程度はここの軸が必要だろうし。
 千葉も、オーロイにも出場停止や怪我のリスクがあり、各チームとも徹底対策を取ってくるから、このままやすやすと勝ち続けることもないだろう。
 ということで、負けたのは楽しくないけれど、ようやくシーズンが始まったのである。

|

« パソコンに罵声を浴びせる日々 | Main | やっぱり来た商標「ヤシマ作戦」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/51482446

Listed below are links to weblogs that reference 千葉 3-0 東京 いろいろ見えた:

« パソコンに罵声を浴びせる日々 | Main | やっぱり来た商標「ヤシマ作戦」 »