« 『著作権の世紀』の著者、福井健策弁護士に聞く 「疑似著作権」広がり懸念 | Main | 小野 昌延,竹内 耕三編 商標制度の新しい潮流 »

January 29, 2011

買ってしまった Mandalaband\Mandalaband

Mandalaband

Sad CafeのLiveを買った「余波」で、「『怒涛のロックギター』のアシュレイ・マルフォード(かなり好き)と、『なぜか艶っぽい』キーボードのヴィック・エマーソン」が参加しているマンダラバンドのファーストアルバムを買ってしまった。
 30年以上前の中国のチベット侵攻をテーマにしたアルバムで、日本以外ではほとんど売れなかったとか。ここによれば、リマスターはかえって音質が悪いとのことで、中古をアマゾンの関係で買ったら、高見博史氏のライナーがついていて、それもまた興味深い。「イエスを越えた」と言ってしまった75(76?)年のことなど、笑わされた。「サウンドの要はキーボードのヴィック」、「プログレのというよりハード・ロック・スタイルのギタリスト」が「プログレ・バンドとしてのマンダラバンドに、実に新鮮にマッチしている」との評は的を得ている。

 もっとも、音の出方が、初期のジェネシスのトニー・バンクスとスティーブ・ハケットみたいで、特にアシュレイ・マルフォードのギターの音が細いのが気になった。やっぱ彼のプレーは、ワウワウペダル全開で太目のハードな音が、お洒落でモダンな曲に絡むのが最高なのである。おもわずにんまりしてしまうのである。ちなみにマンダラバンドは、アシュレイ参加のアルバムBc-Ancestors を何と2009年に出しているとのことで、駄作を覚悟して買ってしまうのだろうか、迷うところである。

|

« 『著作権の世紀』の著者、福井健策弁護士に聞く 「疑似著作権」広がり懸念 | Main | 小野 昌延,竹内 耕三編 商標制度の新しい潮流 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/50716308

Listed below are links to weblogs that reference 買ってしまった Mandalaband\Mandalaband:

« 『著作権の世紀』の著者、福井健策弁護士に聞く 「疑似著作権」広がり懸念 | Main | 小野 昌延,竹内 耕三編 商標制度の新しい潮流 »